タイへ「特別観光ビザ」で外国人観光客が続々と入国へ、10月8日に最初のグループ

タイの国営ニュースメディア National News Bureau of Thailand:NNTは2020年10月1日、ピパット・ラチャキットプラカーン観光・スポーツ省大臣の言葉として、今後「特別観光ビザ」でタイに入国する最初の外国人観光客について報じています。

「特別観光ビザ(SPECIAL TOURIST VIA:STV)」とは、90日間滞在可能で、延長手続きを行うことで最長270日滞在可能になる長期滞在者向けのビザ。日本からはまだですが、中国やヨーロッパからは既に特別観光ビザ取得の外国人観光客がタイに到着することが決まっています。

大臣によると、150人の中国人グループが10月8日にタイに到着することが、COVID-19状況管理センター(CCSA)により承認され、条件付き入国スキームの下でエアアジアのチャーター便でプーケットに到着します。さらに同日、7人の中国人のビジネスマンらのグループが、プライベートジェットでバンコク・スワンナプーム空港に到着します。

さらに10月25日には中国からの126人の中国人観光客がタイ・スマイルのチャーター便で、11月1日には北欧から120人のグループがタイ航空でバンコク・スワンナプーム空港に到着します。

なお「特別観光ビザ」でもタイ入国後は指定施設で14日間の隔離検疫は必須。上記の外国人観光客らはプーケットの3つのホテルと、チョンブリ、ブリラムのそれぞれの1つのホテルで隔離検疫を行います。
(タイランドニュース 2020年10月2日)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!