特別観光ビザに遅れ?10月8日の中国人観光客150人プーケット到着は延期か

最高で270日間滞在できるという「特別観光ビザ(SPECIAL TOURIST VIA:STV)」。既にタイCOVID-19状況管理センター(CCSA)より承認され、2020年10月8日にはその最初のグループとして、エアアジアのチャーター便で中国からの150人がプーケットに到着すると発表されましたが、計画が遅れる可能性があるようです。

一部報道では、「特別観光ビザ」のプロセスに大きな遅れがあり、それでも10月20日までには第1グループが到着すると伝えています。

さらに先の10月1日にプーケット知事は、「特別観光ビザ」の受け入れについて公式に知らされていないと話したのだと言いいます。タイCOVID-19状況管理センター(CCSA)から正式に情報を受け取っておらず、メディアでニュースを見たと語ったのだとか。

なお日本語メディアNNA ASIAは、観光・スポーツ省ピパット・ラチャキットプラカーン大臣が10月8日の受け入れを延期すると発表したと伝えています。
(タイランドニュース 2020年10月6日)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!