東急百貨店もタイ撤退、来年1月でMBKセンター店の営業終了

東急百貨店は29日、バンコクの高架鉄道BTSナショナルスタジアム駅前のショッピングセンター、MBKセンターに入居する東急百貨店MBKセンター店が2021年1月31日で営業を終了すると発表した。

MBKセンター店は1985年開業。近年は主力の外国人観光客の来店、消費が近隣の商業施設の増加などで漸減していた。今年に入り、新型コロナウイルス感染症でインバウンド需要が激減し、営業継続が困難と判断した。

バンコクには1964年の大丸を皮切りに、1980年代から90年代前半にかけ、東急百貨店、伊勢丹、そごう、ジャスコ、ヤオハンなどの日系小売業が進出した。しかし、1990年代後半以降、セントラル、モール、テスコ、カルフールといった地場系及び外資系の小売り大手に押され、ほとんどが閉店撤退を強いられた。伊勢丹も今年8月末でバンコク店の営業を終了した。
(newsclip.be 2020年10月29日 21時55分)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

投稿者: バンコクガイド管理人

アパレルで営業の仕事をしていましたが、2005年、 IT業界に転職し、ソリューションの企画提案や派遣営業を今もしています。 初めてタイ旅行したのは、転職1年後に多少営業活動に煮詰まっていた時でした。 気分転換で訪れたタイの魅力に嵌り、その後何度も行くことになりました。 訪タイする度に写真(静止画・動画)が貯まり、 それがきっかけでタイ情報サイトを立ち上げ、観光情報等を紹介しています。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中