バンコク地下鉄MRTブルーライン、2021年1月1日より1バーツの値上げ

バンコクの地下鉄MRTブルーラインでは2021年1月1日より、運賃値上げが実施されます。MRTパープルラインは運賃据え置きです。

タイ高速度交通公社(Mass Rapid Transit Authority of Thailand:MRTA)のパカポン・シリカンタラマース総裁は2020年11月20日、運輸省により提案されたMRTブルーラインの運賃値上げが、内閣により承認されたと述べました。

値上げは1バーツで、初乗りの場合はこれまでの16バーツから17バーツになります。ただし最高運賃は42バーツで据え置きです。

なおMRTの運賃は2年ごとに値上げが出来るようになっています。当初2020年7月3日に値上げが行われる予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大で所得が減少した人々の経済的な負担にならないように、延期になっていました。
(タイランドニュース 2020年11月21日)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

投稿者: バンコクガイド管理人

アパレルで営業の仕事をしていましたが、2005年、 IT業界に転職し、ソリューションの企画提案や派遣営業を今もしています。 初めてタイ旅行したのは、転職1年後に多少営業活動に煮詰まっていた時でした。 気分転換で訪れたタイの魅力に嵌り、その後何度も行くことになりました。 訪タイする度に写真(静止画・動画)が貯まり、 それがきっかけでタイ情報サイトを立ち上げ、観光情報等を紹介しています。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中