バンコクの反政府集会で発砲、男性重傷 若者グループの抗争か

タイのテレビ報道によると、25日夜、バンコク都内のラチャダピセーク通りにある大手商業銀行、サイアムコマーシャル銀行(SCB)本店前で行われた民主派による反政府集会の現場で発砲が起き、男性1人が腹部を撃たれ重傷を負った。

警察は現場の防犯カメラの映像などから、集会に参加した職業訓練校の卒業生、在学生のグループが対立する学校のグループとトラブルになり、一方が爆竹を投げつけ、他方が発砲したとみて、捜査している。

民主派は軍事政権の流れをくむプラユット政権の退陣、民主的な新憲法の制定、王室改革などを要求し、10月からバンコクなどで反政府集会を続けている。SCBの筆頭株主はワチラロンコン・タイ国王(出資比率23.4%)。

タイでは職業訓練校の生徒らが路上で乱闘したり、対立する学校の生徒を銃やナイフで襲撃する事件が頻発。生徒や巻き添えになった通行人が死傷するケースが後を絶たない。
(newsclip.be 2020年11月26日 17時50分)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

投稿者: バンコクガイド管理人

アパレルで営業の仕事をしていましたが、2005年、 IT業界に転職し、ソリューションの企画提案や派遣営業を今もしています。 初めてタイ旅行したのは、転職1年後に多少営業活動に煮詰まっていた時でした。 気分転換で訪れたタイの魅力に嵌り、その後何度も行くことになりました。 訪タイする度に写真(静止画・動画)が貯まり、 それがきっかけでタイ情報サイトを立ち上げ、観光情報等を紹介しています。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中