パタヤ沖「NEOラン島」計画、9本の道路を舗装など

タイ東部のビーチリゾート・パタヤ。今でこそ新型コロナウイルス感染拡大の影響で外国人旅行者がいなくなり、海が綺麗になったと言われていますが、本当に綺麗な海を求める人々はボートでパタヤ沖にあるラン島を目指します。

タイメディアの77kaodedによると、パタヤ市のソンタヤ・クンプルーム市長は2020年12月8日にラン島を訪問。今後のラン島開発について語りました。

市長によるとパタヤ市は、観光客が戻ることを見越して、NEOラン島計画を実施中。9つの道路を舗装するなど、観光客に優しいラン島に生まれ変わらせるとのこと。3億5000万バーツの予算で2020年から2022年にかけて行われる公共工事は順調に進んでいます。

なおラン島には新型コロナウイルス感染拡大前までは、年間500万人の観光客が訪れていました。
(タイランドニュース 2020年12月9日)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

投稿者: バンコクガイド管理人

アパレルで営業の仕事をしていましたが、2005年、 IT業界に転職し、ソリューションの企画提案や派遣営業を今もしています。 初めてタイ旅行したのは、転職1年後に多少営業活動に煮詰まっていた時でした。 気分転換で訪れたタイの魅力に嵌り、その後何度も行くことになりました。 訪タイする度に写真(静止画・動画)が貯まり、 それがきっかけでタイ情報サイトを立ち上げ、観光情報等を紹介しています。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中