ビザなしでのタイ入国が可能に、滞在可能期間は45日

タイ政府は2020年12月17日、タイへの入国規制を緩和し、56カ国からはビザなしでの入国を許可すると発表しました。ロイターなどが伝えています。

これまでタイはビジネスビザや家族ビザなど、一部のビザ所持者のみ外国人の入国を許可していましたが、日本など56カ国の旅行者はビザなしでの入国が可能になります。ただし、出発の72時間前までの陰性証明や、14日間の隔離検疫を受けるホテルの予約は必須です。

ビザなし入国での滞在期間は通常30日間ですが、隔離検疫の分をプラスして45日間に延長されます。なお アルゼンチン、ブラジル、チリ、ペルー、韓国の旅行者は滞在期間は90日間です。

タイ入国にビザが必要な国の旅行者については、観光ビザでの入国が可能です。
(タイランドニュース 2020年12月18日)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

投稿者: バンコクガイド管理人

アパレルで営業の仕事をしていましたが、2005年、 IT業界に転職し、ソリューションの企画提案や派遣営業を今もしています。 初めてタイ旅行したのは、転職1年後に多少営業活動に煮詰まっていた時でした。 気分転換で訪れたタイの魅力に嵌り、その後何度も行くことになりました。 訪タイする度に写真(静止画・動画)が貯まり、 それがきっかけでタイ情報サイトを立ち上げ、観光情報等を紹介しています。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中