パタヤも年末年始はバーやパブの営業規制、店内でのダンスは禁止

タイ東部チョンブリ県知事は2020年12月28日、新型コロナウイルス対策の年末年始の規制を発表しました。

人気のビーチリゾート・パタヤや日本人が多く住むシラチャのあるチョンブリ県では同日に、新たに22人の新型コロナウイルス陽性が確認されており、さらなる感染拡大を防ぐため、2021年1月4日まではバーやパブやカラオケで営業規制を実施します。

まずバーやパブやカラオケでは着席しての飲食は可能ですが、ダンスは禁止。また入店時の「タイチャナ」でのチェックイン、手の消毒、体温測定、ソーシャルディスタンスなど厳格な感染対策措置を取らねければなりません。

この発表を受けて、一部店舗では既に年末年始は閉店をするとの発表も行われています。

なお首都バンコクでも、同様の規制が実施されています。
(タイランドニュース 2020年12月26日)

(photo by 絵夢座)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

投稿者: バンコクガイド管理人

アパレルで営業の仕事をしていましたが、2005年、 IT業界に転職し、ソリューションの企画提案や派遣営業を今もしています。 初めてタイ旅行したのは、転職1年後に多少営業活動に煮詰まっていた時でした。 気分転換で訪れたタイの魅力に嵌り、その後何度も行くことになりました。 訪タイする度に写真(静止画・動画)が貯まり、 それがきっかけでタイ情報サイトを立ち上げ、観光情報等を紹介しています。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中