バンコクはレストランの営業を午後11時まで許可し飲酒は不可、2月1日から施行

タイでは新型コロナウイルスの感染リスクのある県を色で区分しており、最もリスクの高い県をダークレッド、次にリスクの高い県をレッドとしています。以下、オレンジ、イエロー、グリーン。最も厳しい活動制限が課されているのがダークレッドです。

タイCOVID-19状況管理センター<the Centre for Covid-19 Situation Administration:CCSA>は2021年1月29日、各都県を新たに色分けし、それぞれの色ごとの活動制限緩和の発表を行いました。2月1日から施行されます。

バンコク都を含むレッドでは、これまで飲食店の営業時間は午後9時までとしていましたが、午後11時までに変更となります。アルコールは引き続き提供不可となります。またセミナーとは300人以下で可能。学校など教育機関も少人数のクラスで可能。デパート等は、多くの人が集まるプロモーションの開催は不可です。

日本人の多く住むシラチャやパタヤのあるチョンブリ県の区分はオレンジ。オレンジでは、レストランは午後11時まで営業可能。バーやパブも客数を制限して営業可能で、アルコールも午後11時まで提供可能です。ダンスは禁止ですが、生演奏は可能です。
(タイランドニュース 2021年1月29日)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

ワクチン接種計画 第1段階で高齢者ら1900万人に接種

タイ政府は新型コロナワクチンの調達に時間がかかりすぎているなどの批判が出ているが、プラユット首相はこのほど、ワクチン計画の第1段階として1900万人への接種を予定しており、2月14日に開始することを明らかにした。まずアストラゼネカ製ワクチン5万回分が接種されるというが、具体的にどのように接種が進められるかは明らかにされていない。

接種対象の1900万人は、医療従事者、新型コロナ問題に対応している政府職員、60歳以上の人々、重症化リスクのある病気にかかっている人など。全人口の5分の1を占める18歳未満の者や妊婦などは接種の対象外となっている。

なお、プラユット首相は批判に対し、「国民が当初期待していたほど迅速に新型コロナ問題を解決できておらず、謝罪する」と述べる一方で、「互いに批判し合っていても何も解決できない」と付け加えた。
(バンコク週報 2021年1月29日)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

タイ、2月半ばに新型コロナワクチン接種開始か 全体像は不透明

タイのプラユット首相は27日、新型コロナウイルスのワクチン接種を2月14日に開始すると発表した。

第1弾として、英製薬大手アストラゼネカのワクチン5万回分を輸入し、医療関係者、新型コロナ対策に携わる警官や兵士などに接種する。5月以降、タイ国内で生産するアストラゼネカのワクチンを60歳以上の高齢者などから接種する。接種の目標は1900万人としているが、期間は明らかにしていない。
(newsclip.be 2021年1月28日 00時49分)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

タイ南部プーケット、バーやパブなど深夜も営業可能に

タイ南部プーケットでは2021年1月26日に発せられた命令により、バーやパブも通常の時間での営業が可能となりました。

プーケットでは、新型コロナウイルスの感染状況が改善されて陽性者が確認されなくなったことから、プーケットの経済を復活させるためにバーやパブなど娯楽施設の営業制限を緩和し、深夜のアルコール販売禁止を解除したとのこと。

ただし引き続きダンスと、グループで共有する容器でのアルコール提供は禁止となります。
(タイランドニュース 2021年1月27日)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

バンコク西郊のサムットサコン、新型コロナ新規感染914人

バンコク西郊のサムットサコン県は25日午後5時、記者会見を開き、県内で新型コロナウイルスの感染者が新たに914人確認されたと発表した。

ミャンマー人労働者が働く県内の工場などで一斉検査を実施した。新規感染者のうち795人がミャンマー人、119人がタイ人だった。

一方、タイ保健省は同日午前11時ごろ開いた記者会見で、新型コロナウイルスの感染者が新たに187人確認されたと発表した。国内感染が177人、検疫隔離中の帰国者、入国者が10人で、累計の感染者数は1万3687人になった。累計の死者は前日から2人増え73人。都県別の新規感染者数はサムットサコン148人、バンコク22人など。

タイでは昨年6月以降、国内感染がほぼ収束した状態が続いていた。しかし、12月にサムットサコンでミャンマー人労働者を中心とする大規模クラスターが発生し、以来、全77都県中63都県で感染が確認された。1月下旬までに感染のペースは鈍り、サムットサコンとバンコクを除く各県では1日の新規感染が0から一桁となっている。

サムットサコンのウィーラサック県知事は12月28日に新型コロナ感染が確認され、入院した。容態はその後悪化し、1月25日時点で人工呼吸器を装着した状態が続いている。
(newsclip.be 2021年1月26日 01時33分)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!