タイ、年末年始5日間で新型コロナ新規感染1200人超 バンコクの4店でクラスタ

タイ保健省によると、12月30日から1月3日に報告があった新型コロナウイルスの国内感染者数は1215人だった。

12月15日以降の国内感染者数をみると、最も多いのはバンコク都西郊のサムットサコン県で1860人、次いで東部ラヨン県321人、チョンブリ県301人、バンコク217人、東部ジャンタブリ県122人。

バンコクでは「groove evening 」、「The Roof Bar」など4店でクラスターが発生し、都庁が追跡調査を行っている。

2020年からのタイの累計の感染者数は国外で感染した帰国者、入国者も含め7694人、死者は64人になった。

一方、サムットサコン県は3日、県内で新型コロナの感染者が新たに541人にみつかり、12月15日以降に確認された感染者数が累計2401人になったと発表した。感染者のうち1876人は外国人労働者。

サムットサコンでは12月28日にウィーラサック県知事の新型コロナ感染が確認された。知事は3日時点で、入院して人工呼吸器を装着している。
(newsclip.be 2021年1月4日 01時57分)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!