パタヤ沖ラン島を封鎖、100人の観光客退去

チョンブリ県パタヤ沖のラン島が2020年1月5日より1月20日まで封鎖されます。

チョンブリ当局は1月3日、パタヤとラン島を結ぶフェリーが発着するバリハイ桟橋に、新型コロナウイルス陽性者がいたことを明らかにし、1月5日より1月20日までのラン島の封鎖を決定。1月4日には、ラン島にいた約100人の観光客を退去させました。

封鎖中にラン島を訪問をする場合、バリハイ桟橋にあるCovid-19センターから事前の許可を得る必要があります。封鎖中もフェリーは毎日運航します。
パタヤ発 午前7時、正午、午後6時
ラン島発 午前7時、正午、午後5時

当局はまた、12月18日から12月31日にかけてバリハイ桟橋とラン島の間を移動した人々に、健康状態を注意深く監視するように求めました。
(タイランドニュース 2021年1月2日)

(photo by 絵夢座)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

投稿者: バンコクガイド管理人

アパレルで営業の仕事をしていましたが、2005年、 IT業界に転職し、ソリューションの企画提案や派遣営業を今もしています。 初めてタイ旅行したのは、転職1年後に多少営業活動に煮詰まっていた時でした。 気分転換で訪れたタイの魅力に嵌り、その後何度も行くことになりました。 訪タイする度に写真(静止画・動画)が貯まり、 それがきっかけでタイ情報サイトを立ち上げ、観光情報等を紹介しています。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中