タイでワクチン接種3,021人中の5人が副作用を報告

タイには2月24日に中国から、シノバク・バイオテク(Sinovac Biotech Ltd.)製の新型コロナウイルスワクチン20万回分が到着。2月28日にはアヌティン・チャーンウィーラクーン副首相兼保健相が第1号となり、ワクチン接種が開始されました。

タイ保健省疾病管理局のオーパース・カーンカヴィンポン局長は3月2日、2日間で3,021 人がワクチン接種し、そのうちの5人に副作用が確認されたと発表しました。全員が重篤なものではありませんでした。

副作用が確認された5人のうち4人がサムットサコン、1人がサムイ島の人。4人は初回の接種後に注射部位の周囲に痛みと腫れがあり、1人は医療関係者で接種後に吐き気と嘔吐がありました。

局長によると、116,520回分のワクチンが13県に配布され、2,781人の医療従事者や保健ボランティア、133人の役人、21人の健康問題を抱える人、86人の地元の人、合わせて3,021人が接種されました。

(タイランドニュース 2021年3月3日)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

投稿者: バンコクガイド管理人

アパレルで営業の仕事をしていましたが、2005年、 IT業界に転職し、ソリューションの企画提案や派遣営業を今もしています。 初めてタイ旅行したのは、転職1年後に多少営業活動に煮詰まっていた時でした。 気分転換で訪れたタイの魅力に嵌り、その後何度も行くことになりました。 訪タイする度に写真(静止画・動画)が貯まり、 それがきっかけでタイ情報サイトを立ち上げ、観光情報等を紹介しています。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中