タイ北部、2021年に入り大気汚染が原因で25万人が治療

2021年に入ってタイ北部では、主に大気中の過剰なPM2.5が原因で、25万人以上が鼻や目の炎症の治療を受けています。

保健省タイ保健省疾病管理局(Department of Disease Control)のスワンチャイ博士は2021年3月11日今日(木)、北部地域の季節性大気汚染問題は、喘息、冠動脈疾患、眼感染症のような呼吸器疾患の人々に大きな影響を与えていると語りました。また幼児、高齢者、妊婦にも影響が大きいとのこと。

スワンチャイ博士によると2021年1月1日以降、北部17県の病院や診療所を訪れて治療を受けた人は25万5千人を超え、そのほとんどが45~54歳の年齢層でした。

スワンチャイ博士は、ほこりが原因の病気にかかりやすい弱い人々には、できるだけ屋外での活動を避け、屋外では適切な医療用マスク (N95マスク)を着用するよう勧めました。また呼吸困難、吐き気、胸の痛みなどの症状がある場合は、直ちに医師の診察を受ける必要があるとのこと。

(タイランドニュース 2021年3月13日)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

投稿者: バンコクガイド管理人

アパレルで営業の仕事をしていましたが、2005年、 IT業界に転職し、ソリューションの企画提案や派遣営業を今もしています。 初めてタイ旅行したのは、転職1年後に多少営業活動に煮詰まっていた時でした。 気分転換で訪れたタイの魅力に嵌り、その後何度も行くことになりました。 訪タイする度に写真(静止画・動画)が貯まり、 それがきっかけでタイ情報サイトを立ち上げ、観光情報等を紹介しています。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中