「バンコク都市鉄道レッドラインの運賃が高い」と運輸省が値下げを命令

2021年3月26日より試験運行が開始されるタイ国鉄(SRT)レッドライン。2021年11月より正式にランシット駅↔バンスー駅↔タリンチャン駅が開通予定ですが、運輸省が「運賃が高い」と値下げ命令を発しました。

各報道によると運輸省はレッドラインを運営するタイ国鉄に対し、レッドラインの運賃がMRTブルーラインに比べて高額であるとして、値下げするように命じました。

タイ国鉄は、バンスーからランシットまでの26kmの運賃を1kmあたり2バーツに、バンスーからタリンチャンまでの15kmの運賃を1kmあたり1.5バーツに設定しました。

しかし運輸大臣は3月18日、なぜ2つのルートの運賃が異なるのか、なぜブルーラインの1kmあたり0.88バーツよりも高額なのか、タイ国鉄は説明の必要があると述べました。大臣はタイ国鉄に、1ヶ月間改訂された運賃を導入するように命じたとのこと。

なおレッドラインの3月26日から7月28日の試験運行では、一般市民は無料で乗車が可能です。

(タイランドニュース 2021年3月19日)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

投稿者: バンコクガイド管理人

アパレルで営業の仕事をしていましたが、2005年、 IT業界に転職し、ソリューションの企画提案や派遣営業を今もしています。 初めてタイ旅行したのは、転職1年後に多少営業活動に煮詰まっていた時でした。 気分転換で訪れたタイの魅力に嵌り、その後何度も行くことになりました。 訪タイする度に写真(静止画・動画)が貯まり、 それがきっかけでタイ情報サイトを立ち上げ、観光情報等を紹介しています。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中