水かけ祭り連休の交通事故死、3日間で110人 新型コロナ累計死者上回る

タイ内務省防災局によると、ソンクラン(水かけ祭り、タイ正月)連休中の10~12日の交通事故による死者は110人、負傷者は1099人だった。交通事故による死者数は3日間で新型コロナウイルス感染症による累計の死者数97人を上回った。

世界保健機関(WHO)によると、タイは2016年の人口10万人当たりの交通事故死者数が32.7人(WHO推計値)で、中国(18.2人)、インドネシア(12.2人)、日本(4.1人)などを大きく上回り、アジア最悪だった。タイ当局は事故の削減に向け、バスやバンの車両点検、運転手の管理などを強化しているが、2018年の調査(タイ健康増進財団事務局調べ)でも、人口10万人当たりの交通事故死者数は29.9人と高止まりしている。

(newsclip.be 2021年4月14日 01時00分)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!