タイ南部スラタニ県でマスク着用が義務化、違反で罰金2万バーツ

サムイ島、パンガン島、タオ島といった外国人にも人気のリゾートアイランドを有するタイ南部スラタニ県でも、新型コロナウイルス第3波が拡大。2021年4月20日のタイCOVID-19状況管理センター<CCSA>の発表では、新規に47人の陽性者が確認され、4月1日からの合計の陽性者は209人となりました。

そんな中、スラタニ県ウィチャウット ジントー知事は4月19日、屋外でフェイスマスクの着用を義務化する命令に署名。4月20日からは違反者には、2015年伝染病法第51条に基づき、2万バーツの罰金が科されるようになりました。

外出の際はご注意ください。

(タイランドニュース 2021年4月20日)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!