バンコク都の目標、2021年末までに都民の70%に新型コロナウイルスワクチンを接種

バンコク都は、2021年末までに都民の70%に新型コロナウイルスワクチンを接種することを目標としていることを明らかにし、政府に対してワクチンを少なくとも1,000万回分割り当てるよう要請しました。タイの国営ニュースメディアのNNT(National News Bureau of Thailand)が2021年4月25日に伝えています。

バンコク都は、5月から12月にかけて集団予防接種プロジェクトを実施する予定で、グループごとに複数の会場を用意。慢性疾患のある人、特定の病状のある人、60歳以上の人に限り、病院で接種します。

慢性疾患のない人や60歳未満の人は、病院の外にある予防接種センターで接種します。また、貧困層や避難所、老人ホームなどを対象とした移動接種も行われます。

なお、スタッフが十分な量のワクチンを用意できるようにするためと、各予防接種会場が混雑しないようにするために、登録制となっています。

病院以外の接種会場は、SCGバンスー事務所、セントラル・ラプラオ、Tureデジタルパーク、タンヤーパーク、ザ・モール バンカピ、ロビンソン・ラートクラバン、ザ・モール バンケー、ロータス・ミンブリ。これらの場所では、それぞれ1日あたり約14,000人にワクチンを接種することができます。

バンコク都は、6月にアストラゼネカ製ワクチンを50万回分受け取る予定。

(タイランドニュース 2021年4月23日)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!