世界遺産アユタヤの外国人観光客による不適切写真

ユネスコの世界遺産にも登録されているタイ中部のアユタヤ歴史公園。アユタヤ王朝時代の寺院などの遺跡が点在する、バンコクからは1時間ほどで行ける人気の観光スポットです。

そんなアユタヤ歴史公園の公式Facebookページで、外国人観光客によるマナー違反に注意をうながす投稿が行われました。公式Facebookページには合わせて、Instagramに投稿されていたという、旅行者が遺跡内で逆立ちをしたり、キスをしたりといった遺跡内では相応しくないとされる行動をとる外国人観光客の写真を掲載しています。

なお報道によるとアユタヤ歴史公園は2018年8月17日朝、アユタヤ警察署に対して苦情を申し立てたとのこと。
(タイランドニュース 2018年8月18日)

2007_05010005          (photo by 絵夢座)

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

在タイ日本大使館が雨季における大雨、洪水情報への警戒を呼びかけ

2018年8月15日、在タイ日本大使館は、タイの雨季における大雨と洪水に対する警戒を呼びかけた。タイ全域が5月16日に雨季入りしたことがタイ気象局から宣言されている。例年では10月末から11月初旬ごろに雨季明けになるが、毎年8月から11月ごろまでは各地で集中豪雨や、それに伴う冠水、洪水が発生している。

在タイ日本大使館がタイ在住の登録者に一斉メールにて警戒を呼びかけた内容は「タイ災害防止軽減局(DDPM)は8月14日現在,国内の1都76県のうち、58県を洪水・土砂崩れ・強風・高波のいずれかの注意地域としています(バンコク都は含まれていません)。 また、同14日の報道によれば、ナコンナヨック県とナコンラチャシーマー県にまたがるカオヤイ国立公園内においても洪水が発生しています。」としている。

ほとんどの年度においてバンコクはあまり大きな洪水被害はない。しかし、雨量が多い年は例外的に洪水も発生する。2011年には7月から3カ月以上に渡ってタイ北部からバンコクの一部が洪水になった。このときの洪水で500人近い死者が発生し、全体で230万人に影響があった。被害総額も1567億バーツ(約5170億円)と推定されている。
(GLOBAL NEWS ASIA 2018年8月18日 09時15分)

2015_0714n010
個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

電気自動車のタクシーが9月9日にお目見え

運輸省陸運局は「タクシーvipプロジェクト」の一環として中国企業などと共同で電気自動車によるタクシーサービスを9月9日からスタートすることにした。

使用する電気自動車は中国製BYDe6がまず101台。来年は1000台に増やされる予定。

運賃は初乗り2キロまでが150バーツ、2キロ以降はキロ当たり16バーツとなる。
(バンコク週報 2018年8月17日)

2014_04080060
個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

麻薬密輸・マネーロンダリングのマレーシア人に死刑判決

バンコクの裁判所は8月16日、麻薬取引容疑で昨年4月に逮捕されたマレーシア人の男(65)に死刑判決を言い渡した。被告はイスラム過激派のテロが頻発して治安が極度に悪化しているタイ最南部を経由して300キロに及ぶ覚せい剤を密輸したとされる。

麻薬取引で得た資金は表のビジネスであるカラオケバー、ホテル、レストランなどに投入するという方法でマネーロンダリングされていた。
(バンコク週報 2018年8月17日)

20171115
個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

固定資産税は導入遅延か 長引く審議 準備整わず

ウィスット副財務相によれば、財務省は現在のプラユット政権下で固定資産税法の制定を実現させようと躍起になっているものの、同法が実際に施行されるのは予定されている来年初めより遅れる可能性があるという。

固定資産税の徴収などについて先に関係職員を対象にリハーサルを実施したものの、固定資産税徴収は初めての経験であり、準備が整っていないのが現状とのことだ。

このほか、立法議会(NLA)の常任委員会が法案の審議期間をさらに延長することで、固定資産税徴収の開始が遅れる可能性もあるという。
(バンコク週報 2018年8月17日)

2015_0714n011
個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。