タイ東北部のダム、貯水量が減少続く

今年はタイ国内各地で水不足に悩まされているが、東北部ナコーンラーチャシーマー県コラブリー郡にあるラムセダムの水量が減り続けており、このままいくと農作物に影響が出る可能性が出てきた。

タイ地元紙によると、このダムの総貯水容量は2億7500万立方メートルと大型のダムになるが、雨季にも関わらず、現在の貯水量は5900万立方メートルとなり、貯水率は21%にとどまっている。

このダムは生活用水、農業用水、工業用水などに使用される水を日々放水しているが、このまま雨が降らずダムの貯水量が減り続けた場合、放水量を減らしてまず農業用水の使用を制限するようだ。
(タイ通 2019年8月16日 22時49分)

20180223
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

広告

タイ南部カオラックのビーチが大波で侵食、ヤシの木も倒壊の危機

タイ南部のカオラックは、プーケットから北へ車で1時間の場所にある静かなビーチリゾート。ハイシーズンになると、シミラン諸島へのダイビングツアーの拠点となることでも有名なところです。

報道によると、そんなカオラックのビーチが雨季の大波により侵食され、深刻な被害がもたらされているとのこと。

特に高級ホテルが並ぶナントンビーチとバンニアンビーチの被害が深刻で、数キロに渡って侵食されビーチが狭くなり、ヤシの木や松の木が倒壊の危機に瀕しているそうです。

なお波によるビーチの侵食は乾季になれば元に戻ると予想されていますが、現在はさらなる侵食を防ぐために、土のう袋を置くなどして、侵食が進まないように対応を行っています。
(タイランドニュース 2019年8月15日)

2015_02090049
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

タイ観光促進のため中国人とインド人のビザ免除へ 今年11月から1年間

タイ観光スポーツ省は、タイを訪れる外国人を増やして観光を促進するため、中国人とインド人を対象にビザを1年間免除することについて近く閣議の承認を求める予定だ。

ビザ免除の期間は今年11月から来年10月31日まで。ピパット観光スポーツ相は、「ビザ免除は我が省の最優先課題。ビザを免除しなければ、訪タイ外国人数の目標達成は難しいだろう」と話している。
(バンコク週報 2019年8月15日)

2015_02120051
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

運輸相 バンからミニバスへの変更命令を緩和 新規事業者のみ

サクサヤム運輸相はこのほど、バンをミニバスに変更するという前軍政の方針を緩和したことについて、「運賃の値上げ回避に役立つ」などと釈明した。

前軍政の計画では、今年10月1日から使用年数が10年を超えたバンを旅客輸送サービスに使うことは許可されず、バンをミニバスに変更しなければならないとされていた。

しかし、ミニバスは1台約220万バーツ。購入できない者もいるため、老朽化したバンからミニバスへの切り替えを強制とせずに、定期的に陸運局による車体検査を受けることを条件に旅客輸送サービスにバンを継続使用することを許可することにした。

仮にミニバスへの切り替えを強制した場合、運営業者が運賃を引き上げ利用者に負担がかかる可能性が高いとする。

ただ、旅客輸送サービスを新規にスタートする場合は、バンを使うことはできずミニバスを使用しなければならない。
(バンコク週報 2019年8月14日)

2015_02110015
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

タイ東北部 水不足に対応するため国立病院が8カ所で井戸掘り

少雨による干ばつ被害の拡大が懸念される中、タイ東北部スリン県の国立スリン病院では地下水利用で水不足に対応すべく井戸掘りを始めた。同県を訪れたアヌティン保健相が8月11日、同病院の現状を視察した。

スリン県および近隣県の基幹病院となっているスリン病院では1日に80万~100万リットルの水を使用しているが、現在、干ばつの影響で病院への給水量が激減しているという。

そのため、病院周辺では8つの井戸を掘る作業が進められており、今月15日までに作業が終わる見通しだ。井戸からくみ上げた地下水は大型の濾過機2台で濾過し病院で使用される。
(バンコク週報 2019年8月13日)

20171216
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!