タイ警察 約14トンの違法薬物を焼却処分

タイ警察によれば、毎年6月26日が「国際麻薬乱用・不正取引防止の日」とされていることから、これにちなみ25日、中部アユタヤ県バンパイン工業団地の施設を使って末端価格約137億バーツにのぼる違法薬物約13.6トンを焼却処分する予定という。

違法薬物の内訳は、覚せい剤が錠剤5.5トンと粉末486キログラム、ケシが122キログラム、ヘロインが108キログラム、コカインが5キロなどとなっている。また、違法薬物は850℃以上の高熱で焼却されるため有害物質が煙となって大気中に出ることはないという。
(バンコク週報 2018年6月18日)

20171114

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

タイ東北部 電気技師が狂犬病に感染して死亡 今年11人目

東北部カラシン県のカラシン病院に入院中だった電気技師の男性(42)が6月17日午前6時ごろ、狂犬病のために死亡した。男性は約8カ月前に犬に噛まれており、その際に狂犬病に感染したとみられている。これで今年に入って国内で狂犬病のために死亡した人は計11人となった。

男性は昨年10月、オートバイで電気工事の仕事に出かけ、仕事が終わったあと、雑貨店で酒を買ったが、その際に雑貨店で飼われていた犬のしっぽを誤って踏んでしまい犬に足を噛まれたという。しかし、アルコールで傷口を洗っただけで、ワクチン接種は受けなかった。

その翌日、雑貨店の店主は犬が人を噛んだことを怒って犬を殺してしまったため、狂犬病感染の有無を確かめることができなかった。

そして、7か月後の今年5月ごろから男性は熱が続くようになったため6月12日に最寄りの病院に入院。
14日にはカラシン病院に転院し、検体を保健省の研究機関に送って分析してもらったところ狂犬病に感染していることが判明したという。なお、カラシン県ではこの20年ほど、狂犬病に感染して死亡した人はいなかった。

狂犬病は発症するとほぼ確実に死亡する。また、狂犬病は狂犬病ウイルスが脳神経組織に到達して発症するため、噛まれたところが足先など脳神経組織から遠い場合、潜伏期間が数カ月に及ぶこともある。
(バンコク週報 2018年6月18日)

20180614

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

LCCノックスクート、予約後24時間以内のフライト情報(名前や時間など)の変更が可能に

タイの格安航空会社(LCC)ノックスクートでは、予約後24時間以内のフライト情報の変更が無料になりました。「搭乗者名を間違って入力してしまった」という場合も、手数料不要で変更が可能です。

無料変更可能なフライト情報は、搭乗者名、日付、フライト時間。フライトの変更の際は、変更前のフライトより変更後のフライトが安くても、払い戻しはありません。また、目的地の変更は不可です。

ノックスクート
(タイランドニュース 2018年6月18日)

airplane2

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

バンコクの空港バスがキャッシュレス化へ、クルンタイ銀行のQRコード決済に対応

バンコク・ドンムアン空港発着のエアポートバスのA1(BTSチャトチャック駅ルート)とA2(戦勝記念塔ルート)の路線で、クルンタイ銀行のQRコード決済が可能になったと2018年6月14日に発表になりました。

7月1日には同じくドンムアン空港発着のA3とA4の路線でもQRコード決済が開始。ゆくゆくはバンコクを走る全てのバスでのQRコード決済が可能になることを目指すとのこと。
(タイランドニュース 2018年6月18日)

2016_09200023.gif          (photo by 絵夢座)

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

タイ当局が中国人経営の工場を急襲=環境汚染、脱税、労働法違反などの疑い、経営許可なし

タイ・メディアのパタヤ・メールによると、タイ当局の行政官が8日、兵士や警察官を伴ってパタヤ市内にある中国人が経営するリサイクル工場を急襲した。工場が運河に汚水を垂れ流しており、外国人を違法に雇っているとする近隣住民からの通報が相次いだためだった。

工場はポリエチレン類を破砕すると称していたが、実際には塀に囲まれた敷地の中に、電子機器の廃品が数百トンあった。作業員の中にはミャンマー人21人がいたが、うち13人はタイ国内での就労資格がなかったった。工場内からは、関税を支払わず違法にタイ国内に持ち込まれた無線通信機や外国たばこ、ガスライターが見つかった。工場は、廃棄プラスチックや廃水を違法に運河に流していたことも分かった。

39歳の中国人工場長は、許可なしに工場を操業させていたとして逮捕された。現地当局者のひとりは、工場のオーナーは土地を借りたが現地当局から操業許可を得ることができず、強引に操業を開始したと説明した。

工場が安全義務を怠り、タイ国内に違法に持ち込まれた産業ごみなどを扱っていたなど、少なくとも6種の容疑で起訴されることになるという。
(Record China 2018年6月17日 22時20分)

20171128

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。