タイ政府、新型コロナで2度目の現金給付

タイ政府は新型コロナウイルス感染症による景気低迷を受け、中低所得者を対象に7000バーツの現金給付を行う。対象は国民の半数近い3110万人。19日の閣議で承認した。予算は2100億バーツ。

タイ政府による現金給付は昨年に続く2度目。

タイ国家経済社会開発評議会(NESDC)によると、2020年のタイの実質国内総生産(GDP)は1~3月期が前年同期比2%減、4~6月期12.1%減、7~9月期6.4%減。国民1人あたりの国内総生産(GDP)は2019年7842ドル、2020年見通し7222ドル。
(newsclip.be 2021年1月20日 02時21分)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

タイの新型コロナ第2波、サムットサコン除き収束傾向

タイ保健省は18日、新型コロナウイルスの感染者が新たに369人確認されたと発表した。累計の感染者数は1万2423人、死者は70人。

都県別の新規感染者数はバンコク18人、バンコク西郊のサムットサコン県320人、中部アントン県8人など。サムットサコン、バンコク、アントンを除く県では新規感染者数が0~2人となっている。

タイでは昨年6月以降、国内感染がほぼ収束した状態が続いていた。しかし、12月にサムットサコンでミャンマー人労働者を中心とする大規模クラスターが発生し、以来、全77都県中61都県で感染が確認された。1月中旬に入ると感染のペースは鈍り、サムットサコン以外の各都県では1日の新規感染が最大で30人程度となっている。
(バンコク週報 2021年1月19日)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

「安全性が証明されるまで国民にワクチンは接種しない」 タイ首相

プラユット首相は1月17日、「新型コロナワクチンの安全性が証明される前にタイ人にワクチンを接種することはない。実験用モルモットにはしない」と明言した。新型コロナのワクチンはすでに複数の国で接種が開始されており、副作用についても報告されている。

首相は、「有効性と安全性が完全に証明されていないにもかかわらず、早々と接種を開始している国もある。だが、私はタイ国民にそんなリスクを負わせないことを決めた」としている。
(バンコク週報 2021年1月18日)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

タイ国内感染364人、そのうち外国人労働者321人[2021年1月17日発表]

タイCOVID-19状況管理センター<the Centre for Covid-19 Situation Administration:CCSA>は2021年1月17日、新規に新型コロナウイルス陽性の374人が確認されたと発表しました。

新規の374人のうち10人は、タイ入国後の隔離検疫中に陽性が確認された人々で、国内感染に含まれません。

321人は国内感染の外国人労働者。サムットサコン県では311人の陽性が確認されています。
43人は国内感染のタイ人ら。サムットサコン県が24人で最多となり、続いてバンコクが10人となっています。

1月17日の発表の時点で、累計の陽性者の数は12054人。
死亡は合わせて70人。9015人が回復し、2969人が治療中です。
(タイランドニュース 2021年1月17日)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

バンコクの「ゴールドライン」 16日から運賃15バーツ徴収

ゴムタイヤ式無人車両が専用軌道上を走行する自動案内軌条式旅客輸送システム(AGT)のバンコク初の路線「ゴールドライン」(第1期区間)で16日から運賃の徴収が始まる。全線一律で15バーツ。

「ゴールドライン」は高架鉄道BTS(都市鉄道グリーンライン)が乗り入れるクルントンブリ駅(G1)からショッピングセンターのアイコンサイアム前(ジャルーンナコン駅=G2)を経てクロンサン区役所前(クロンサン駅=G3)に至る1.7キロ、3駅で、カナダ・ボンバルディアの全自動無人運転車両(APM)が走行する。昨年12月に営業を開始し、運賃無料で運行していた。
(newsclip.be 2021年1月15日 16時39分)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!