13、445…タイ宝くじ「救出にあやかりたい」ブーム

サッカー少年とコーチの計13人が洞窟から助け出されたタイ北部のチェンライでは、救出劇にあやかる数字が入る宝くじが品薄となる人気となっている。全員の無事はさっそく験担ぎに使われるほど、地元でも話題となっている。

タイ最北端の街、チェンライ県メーサイ。13日、ミャンマーとの国境検問所を背に、路上でケースを広げて宝くじを販売する人たちが10人ほどいた。

「13ある?」「445は?」。行き交う人たちはそう言って足を少し止め、宝くじの数字に目をこらす。

くじは数字が6けたあり、下2けたと下3けたを当てるのが多くのファンの狙いどころだ。一番人気は少年らの人数「13」で、販売直後に売り切れた。「445」は4人、4人、5人と順番に救出されたことにあやかるもので、騒ぎが続いた7月と、閉じ込められてから全員救出までの17日間をあわせた「717」も縁起がよいと人気だ。救出活動中に亡くなった男性ダイバー(38)の年齢にちなむ「38」も、追悼の意味を込めて買い求める客が多い。

抽選は毎月1日と16日にあり、今月1日に少年らが閉じ込められた6月23日の「623」が当選番号となったことから、関連する番号の人気に拍車がかかった。タイでは2016年にプミポン前国王が亡くなり、年齢にちなんだ「89」を多くの人が買い求めた。「今回はそれ以来の大ブーム。買いに来るお客さんも、販売する仲間同士でも、洞窟の話題で持ちきり」と、販売人のカウさん(43)は話した。
(朝日新聞DIGITAL 2018年7月15日 08時53分)

20171217

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

パタヤのSIMカード販売店、タイ首相の写真付き偽IDを登録に使い逮捕

タイでの携帯電話はプリペイド式が主で、先払いのため契約はなく、旅行者でも簡単にSIMカードを購入することができます。ただし、現在SIMカード購入には、パスポートなど身分証明証の提示が義務付けられています。2017年末にSIMカードの購入には生体認証登録システムを導入すると報じられましたが、今のところ運用はされていないようです。

各報道によると2018年7月11日夜、多くの外国人旅行者が集まるタイ東部のビーチリゾート・パタヤで、偽造IDカードを使ってSIMカードを得たとして、31歳の男が逮捕されました。男は3月から5月の間に、外国人旅行者にSIMカードを販売するために、偽造IDカードでまとめてSIMカードを購入していたとのこと。

さらにこの男、偽造IDカードの顔写真部分には、タイ首相の写真を使っていたそうです。偽造するにも、よりによって首相の写真とは…。
(タイランドニュース 2018年7月12日)

2016_09240085          (photo by 絵夢座)

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

シャープ、タイ国政府観光庁と手を組み8Kプロモーションを展開–協力関係拡大へ

シャープの子会社であるシャープ・タイ(Sharp Thai=STCL)と、タイ国政府観光庁(Tourism Authority of Thailand=TAT)は、両社の協業により制作した、8Kによる観光プロモーション映像を発表。両者は7月11日、タイのバンコク市内にあるタイ国政府観光庁のホールで会見を行った。

STCLとTATは、4月に8K技術を活用して、タイの美しさを世界に発信する「Amazing Thailand Amazing 8K」プロジェクトで協業することを発表。同月から、タイの旧正月を祝う「ソンクラーン・フェスティバル」の撮影などを開始していた。また、6月にタイを訪問したシャープの代表取締役会長兼社長の戴正呉氏は、TATを訪問。「TATの協力を得て、すばらしいデモビデオを撮影することができた。この実績をタイだけでなく、世界で活用していきたい」と抱負を述べていた。

映像は「8Kで世界を変える」をテーマに制作。世界で初めて、シャープの8Kカムコーダで撮影されており、タイのみならずASEANで初めての8K映像になるという。

会見で、シャープ常務執行役員社長室長の橋本仁宏は、6月にシャープの戴氏が、タイ王国副首相のソムキット・チャトゥシピタック氏と会談したり、TATを訪問したことに触れ、「シャープはタイ王国政府と、親密で長期的な関係を築いている」と前置き。「シャープは、2017年に、事業ビジョン『8KとAIoTで世界を変える』を発表した。1953年に、国産第1号テレビを発売以来、半世紀以上に渡り、最新のテレビ技術を開発し続けてきたシャープは、8K解像度により、あたかも肉眼で見ているかのような圧倒的なリアル感を持った、究極の映像を届けられるようになった。このありのままの美を表現するのにふさわしい国がタイ王国であり、長い歴史のなかで生み出された魅力的な観光資源や文化を、世界中に発信することができる。将来、8K以外にも協力関係を拡大したい」と述べた。

また、シャープ・タイ社長のロバート・ウー氏は、タイへの観光客数が、年々増加傾向にあり、ASEANへの旅行者の27%以上がタイを訪問し、海外観光客に最も選ばれる国であることを指摘。「ソンクラーン・フェスティバルを題材に制作した8K映像は、協力関係の第一歩になる。いくつもの“Amazing 8K”を創出し続けることで、近い将来、パートナーシップはより強固なものになる」とコメント。「8Kは、単に高品位で鮮明な映像を作り出す技術ではなく、放送分野のみならず、医療やセキュリティ、社会インフラなどの分野への展開が期待される技術。タイの中長期的な経済成長戦略『タイランド4.0』に基づく、東部経済回廊構想(チョンブリー、ラヨーン、チャチェンサオのバンコク東部3県を対象に、ハイテク産業の投資促進と交通インフラを重点的に整備する開発構想)にも合致する。ともに世界を変えていきたい」と語った。

会見に出席したTAT総裁のユッタサック・スパソーン氏は、「この協業は、タイ王国の官公庁と、民間企業が共同で取り組む重要なプロジェクトとして、2年間に渡り、タイの観光を促進することになる。タイ各地の観光名所や祭典、伝統行事での喜びにあふれる瞬間や美しい風景を、シャープの8Kカムコーダで撮影しており、これまでにない圧倒的なリアリティに溢れた新次元の映像を通じて、タイ王国の美しさを届けることができる。今後、TATで実施する各地でのPR活動において、AQUOS 8Kシリーズのモニタを通じて見ることができる」とした。
(CNET Japan 2018年7月13日 16時02分)

2015_02110087

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

今年の輸出成長見通しを上方修正

商務省はこのほど、今年の輸出成長見通しをこれまでの8%から9%に上方修正した。これは、世界経済が順調に回復すると予想され、輸出の妨げとなっている問題の解決において政府と民間部門が緊密に連携していることなどによるものという。

ソンティラット商務相は、「米国と中国の貿易戦争がエスカレートするリスクがあるものの、今年のタイの輸出成長率が当初見通しの8%を超えるものと確信している」と述べている。
(バンコク通報 2018年7月13日)

20171228

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

ANA(全日空)が東京⇔バンコク間の便を1日5本に増便

ANAは6月1日にバンコク⇔東京(羽田、成田)線を一日5便に増便しました。

増便したダイヤは、NH878(バンコク発13:55→羽田着22:15)とNH877(羽田発00:55→バンコク着05:25)で、バンコク発便は、ゆっくり昼過ぎの出発でも、その日のうちに日本着が可能なため、家族連れでも安心のダイヤとなっています。

今までにない時間帯のダイヤが加わったことにより、日本への出張や帰国がより便利になることでしょう。詳しくはホームページでご覧いただけます。
https://www.ana.co.jp/ja/th/
TEL:1800-011-254(24時間、年中無休)
(DIGIMA NEWS 2018年7月13日)

2014_10200026s

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。