工場や学校で違法薬物が蔓延 首相が問題視、調査を指示

プラユット首相は10月16日、工場労働者の多くが覚せい剤を使用しているとされる問題について詳しい調査を実施するよう指示した。

タイは以前から違法薬物問題に直面しており、今も学校や工場でも覚せい剤が蔓延している。プラユット首相は、「タイだけでなくすべての国が違法薬物問題に頭を悩ませており、タイ政府は法律で許されたあらゆる手段を用いてこの問題に立ち向かう」としている。

なお、違法薬物問題についてはプラウィット副首相兼国防相(治安担当)が来週にも関係当局と対策などを協議する予定。
(バンコク週報 2018年10月17日)

20171227
■海外のホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?

メーター使用拒否で罰金1000バーツ タイ王宮周辺などのタクシー3台

タイ当局は15日、バンコク都内で乗客を乗せ走行した際にメーターの使用を拒否したとして、タクシー運転手の男性3人(48、41、37)にそれぞれ罰金1000バーツ、免許停止1カ月の処分を下したと発表した。

タイ人の若者2人が外国人旅行者を装いバンコクの王宮前や中華街などでタクシーに乗車し、運転手の対応をスマートフォンで撮影、ユーチューブに投稿した。2人は3度タクシーを利用したが、運転手はいずれもメーター使用を拒否し、運賃として通常より高い金額を要求した。

王宮周辺などで営業するタクシー、トゥクトゥク(オート三輪タクシー)は運賃のぼったくり、宝石店や紳士服店などとぐるになった詐欺などで悪名高い。警察は散発的に手入れを行っているが、状況は過去20年以上改善していない。
(newsclip.be 2018年10月17日 16時15分)

2015_02110080
■海外のホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?

タイ政府 サイバーセキュリティー法制定急ぐ

政府が制定を急いでいるとされるサイバーセキュリティー法に「当局に大きな権限を付与することになる」といった懸念の声があがっていることについて、プラユット首相はこのほど、「サイバーセキュリティーはタイだけでなくすべての国の政府が課題としている」と説明。必要不可欠なものとの認識を示した。

また、「サイバーセキュリティー法は現行のコンピューター犯罪法より罰則が重い」との指摘に対し首相は、「罪を犯さない人なら気にする必要はない(そんなことを気にするのは罪を犯す人だけ)」と返答した。

なお、サイバーセキュリティー法下で新設されるサイバーセキュリティー庁(CSA)についても、「CSAに付与される権限が強大すぎる」との批判が一部で出ている。
(バンコク週報 2018年10月17日)

2015_07120099
■海外のホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?

プミポン前国王を偲ぶイベント執り行われる

国民から敬愛されていた故プミポン前国王を偲ぶイベントがご命日である10月13日に全国で執り行なわれた。前国王は2016年10月13日に88歳で崩御された。

バンコクのサナムルアン(王宮前広場)では午後6時からロウソクを手に前国王を偲び、称えるイベントが行われたが、その数時間前から黄色の服に身を包んだ人々がサナムルアンに集まり始めた。

黄色は月曜日の色で、前国王が生まれたのが月曜日あることから前国王のシンボルカラーとなっている。

また、前国王がご臨終を迎えられたバンコク都内のシリラート病院では89人の僧侶による仏教式典が営まれた。89という数字は、前国王が89歳の誕生日の7週間ほど前に没したことにちなんだもの。
(バンコク週報 2018年10月16日)

2006_11240067
■海外のホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?

バンコク都心で路上強盗続発、日本人複数が被害 タイ人2人逮捕

タイ字紙マティチョン(電子版)などによると、タイ警察は15日、強盗、傷害などの容疑でタイ人男のスリヤ容疑者(21)とパウィン容疑者(20)を逮捕した。バンコク都心部で日本人など外国人を狙い路上強盗を繰り返した疑い。2人は犯行を認めている。

2人は15日午前1時45分ごろ、都内スクムビット通りソイ51付近で、日本人男性をナイフで脅した上、殴ってけがをさせ、金品を奪った。その後、バイクで逃走を図ったが転倒し、パウィン容疑者は現場で逮捕された。スリヤ容疑者は徒歩で逃げたが、バイクが転倒した際のけがの治療のため訪れた都内の病院で逮捕された。

調べによると、2人は8月24日午前2時ごろ、ソイ・スクムビット16通りで、外国人男性をモデルガンで脅し、財布を奪ったが、中身は空だった。

8月26日午後10時半ごろ、都内トンロー地区の路上で、日本人男性をモデルガンで殴りけがをさせ、現金、スマートフォン2台などを奪った。

10月7日午前2時ごろ、スクムビット通りソイ36付近で、日本人男性を鉄パイプで殴るなどし、財布を奪った。

10月11日午前3時半ごろ、ソイ・スクムビット23通りで、日本人男性に暴行を加え、財布を奪った。

14日午前4時ごろ、アソーク交差点のエクスチェンジタワー前で外国人男性から金品を奪おうとし、抵抗した男性が倒れるまで暴行を加え、逃走した。
(newsclip.be 2018年10月16日 11時14分)

2010_05040115
■海外のホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?