タイのシルク王、ジム・トンプソンの家

タイのシルク王と言われるアメリカの実業家ジム・トンプソンが住んでいた家です。BTSナショナルスタジアム駅から徒歩7分、8分の場所にあります。建物は、タイ各地の様々な建築様式が取り入れられている他、トンプソンが収集した仏教芸術作品などが展示されています。買い物ついでに足を運んでみてはいかが。

2015_07140010

2015_07140007

門から入ると左側の建物には、ショップがあります。

2015_07140008

2015_07140009

2015_07150024

右側の建物がミュージアムになっています。

2015_07140012

2015_07140011

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

 

タイでVIPタクシーサービス、メルセデスのプラグインハイブリッド車使用

タイのタクシー会社オールタイタイクシーは1日、メルセデス・ベンツのプラグインハイブリッドモデル「C350eアバンギャルド」を使った高級タクシーサービス「タクシーVIP」を開始した。

車内に無料の飲料水、新聞、おしぼり、WiFiなどを備え、運賃は初乗り2キロまで150バーツ、2キロ以降は1キロ12~16バーツ。渋滞中は1分6バーツが加算される。
(newsclip.be 2018年6月3日 18時38分)

20171113

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

タイ国際航空、機内でニュース生放送「LIVE TV on Board」を開始

タイ国際航空は2018年5月30日(水)、タイ国家放送通信委員会(NBTC)から機内でテレビ番組のストリーミング放送の許可を取得し、「LIVE TV on Board」サービスを開始すると発表しました。

旅行中も搭乗者は、最新ニュースの提供を必要としているとのニーズを受けて始まった取り組みで、CNN、BBC、NHK、Sport 24がリアルタイムで無料で視聴できます。

このサービス開始は6月14日(木)が予定されており、対象はA350-900で運航する、チエンマイ、シンガポール、ソウル、羽田、成田、大阪、北京、上海、ローマ、ミラノ、ブリュッセル線、また787-8または787-9で運航する東京、台北、ドバイ、ウィーン、ブリスベン、オークランド、マニラ線です。

パナソニック・アビオニクスが地上からの衛星中継を通し、機内へ動画を提供します。詳しくは、タイ国際航空のウェブサイトを参照ください。
期日: 2018/06/14から
(Fly Team 2018年6月1日 17時05分)

2015_02080045.gif

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

「フルーツの王様」ドリアン、7月に宇宙へ タイが実験

タイにとっては小さな一歩だが、東南アジアで最も臭いフルーツにとっては大きな一歩だ。タイは宇宙食としての利用を念頭に、「フルーツの王様」と言われるドリアンを宇宙に打ち上げる実験を計画している。

ドリアンは東南アジア全域で食されている人気フルーツだが、刺激臭でも知られ、ホテルの客室、エレベーター、飛行機の客室などへの持ち込みが禁止されており、宇宙船のような狭い空間に持ち込めるのか懸念されている。

しかしこの実験では乾燥させて真空パックしたドリアンを使用するので、臭いをかなり抑えることができる。打ち上げは7月に予定されている。密封して箱に入れ、ロケットで5分間だけ宇宙を旅する。さまざまな種類のタイ米もドリアンと一緒に打ち上げられる。打ち上げを請け負う組織はまだ明らかにされていない。

タイ地球情報宇宙技術開発局(GISTDA)の報道官は「将来、宇宙飛行士がタイ食を食べられるようになってほしい」と述べた。「(実験で打ち上げたドリアンが)地球に戻ってきた後、小さくなったりひび割れが入ったりなどの何らかの物理的変化がないかどうか確認したい」
(AFP BB NEWS 2018年6月2日 16時47分)

20171115

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

 

タイ航空、 バンコク=サムイ島線を2018年9月で終了

タイ国際航空(TG)は2018年9月2日をもって、1日2往復運航していたバンコク=サムイ島線を終了します。

タイ南部のリゾートアイランド・サムイ島にあるサムイ島空港は、1985年に開港したバンコクエアウェイズが所有し運営する私有空港。もともとはバンコクエアウェイズが独占して利用していましたが、サムイ島の観光業界から空港の開放を求められ、2008年よりタイ国際航空等が乗り入れしています。

報道によるとタイ国際航空は、2017年にバンコクエアウェイズとのコードシェア契約を結んだことで、サムイ島線終了を決めたとのこと。

2018年9月3日以降は、バンコク=サムイ島線はバンコクエアウェイズのみとなり、1日19往復運航します。
(タイランドニュース 2018年6月3日)

2014_04050057

2014_04060079

2014_04060078

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。