タイの「新幹線」計画とん挫か 採算性なし

タイと日本の両国政府が検討してきたバンコクとタイ北部チェンマイ県チェンマイ市を結ぶ「新幹線」計画がとん挫する雲行きだ。

新幹線の技術を導入し、全長約670キロの高速鉄道を建設運営する計画だったが、日本側が実施した事業化調査で採算性が極めて低いことが判明した。タイの民間テレビ局ワークポイントなどがタイ運輸省筋の情報として報じたところによると、数千億バーツに上る建設費や開業後の慢性赤字による巨額の費用負担を恐れたタイ政府が日本政府に共同投資を提案したが、日本側は事業はタイの国家資産だとして拒否した。日本政府は今月19、20日にタイのアーコム運輸相が訪日した際にも共同投資に応じない方針を伝え、計画の具体的な進展はなかったという。

バンコク~チェンマイ間のほとんどは広大な平野に農地、疎林、荒れ地が点在し、大都市は存在しない。沿線の最大の都市はチェンマイ市だが、人口は2013年で13.6万人に過ぎない。また、タイ北部は農業が中心で、世帯平均収入(2017年)は月1万9843バーツ(約6.7万円)とバンコク首都圏(4万1335バーツ)の半分程度にとどまっている。

バンコク~チェンマイ間では格安航空を中心に空の便が1日20往復以上運航し、運賃は片道1000バーツ程度から。長距離バスも多数運行している。

巨額の費用を投じて両都市間に高速鉄道を建設しても、人口や経済力の点から乗客数は期待できず、運賃の面でも格安航空との競争が避けられない。あとに残るのは膨れ上がる巨額の債務だけという懸念は強い。

安全面の不安もある。タイ全土で鉄道を運営するタイ国鉄(SRT)は設備の老朽化で脱線事故が絶えない。バンコク首都圏の高架電車BTSも近年は故障が相次いでいる。鉄道の運行管理、保守整備の能力が不足した状態で高速鉄道を導入すれば、重大な事故を招きかねず、その場合、日本に対するタイの国民感情にも悪影響が出る恐れがある。

タイ政府は中国政府と共同で、ラオス国境のタイ東北部ノンカイ市とバンコクを結ぶ高速鉄道建設にも乗り出しているが、こちらも先行きは不透明だ。タイ側は中国の技術を導入する見返りに、中国政府に共同投資を持ちかけたが、中国がこれを拒否。数年にわたる交渉の末、路線の一部、バンコク~ナコンラチャシマ間(全長253キロ)をタイ側の全額負担で建設することで決着し、昨年12月に最初の3.5キロの区間の起工式が行われた。しかし、残る区間については両国間の調整が進まず、完工のめどは立っていない。
(newsclip.be 2018年10月28日 17時34分)

2014_04080023
■海外のホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?

日本人男性がタクシーでバンコク空港へ、トランクに現金200万円など置き忘れる

タクシーに大金を忘れた日本人男性、安堵です。

2018年10月26日早朝、キンケーオ通りからタクシーに乗った日本人男性のTさん(55歳)は帰国のため、バンコクの空の玄関スワンナプーム空港へ向かいました。

滞りなく旅客ターミナルに到着し降車したのですが、タクシーが走り去ったところでTさんは気づきました。なんと荷物をタクシーのトランクに積んだまま忘れてしまったのです。忘れた荷物はルイヴィトンとシャネルのバッグ。その中には現金200万円とノートパソコン等が入っていました。

通報を受けた警察は捜索を開始。空港の監視カメラにタクシーが到着してから去るまでの一部始終が映っており、すぐにタクシーを特定することが出来ました。

連絡を受けたタクシー運転手の男性はすぐにスワンナプーム空港に戻り、Tさんは荷物を無事取り戻すことが出来たのです。なおTさんはさんは、その日午前9時の便で帰国しました。
(タイランドニュース 2018年10月28日)

2015_07150046
■海外のホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?

新車購入時満足度、タイでトヨタ首位 JDパワー調査

米調査会社JDパワーがタイで新車(量販ブランド)を購入した際の販売店の対応に関する顧客満足度を分析した「2018年タイ自動車セールス満足度(SSI)調査」で、トヨタが1000点満点中860点で1位になった。

以下、シボレー858点、いすゞ853点、三菱自動車852点、フォード851点、ホンダ849点、マツダ849点、日産846点、スズキ846点、MG828点。業界平均は853点だった。

調査は2018年2~9月に実施。「セールス担当者」、「店舗施設」、「納車」など6項目について、2017年8月~2018年7月にタイで新車を購入した3006人に評価を聞いた。
(newsclip.be 2018年10月26日 01時02分)

2014_04080135
■海外のホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?

 

顧客を盗撮して馬鹿にするSNS投稿でバンコクの人気カオマンガイ店に批判殺到

約40年の歴史を持つ老舗で、テレビなどでも紹介されるバンコク・プラチャーチュン通りの人気カオマンガイ店「チャルンチャイ・ガイトーン・プラチャーチン24」が、不適切行為により炎上です。

各報道によると、このカオマンガイ店の店主が自身のフェイスブックに、店内でカオマンガイを食べる顧客の姿を盗撮した写真を投稿。そこに店主や店主の友人らによって、顧客を馬鹿にするコメントが書き込まれたとのこと。例えば肥満男性のお尻の割れ目が見えてしまっている写真の投稿には、「豚のケツのようだ」というコメントが。さらに足を開いて座っている女性の股の写真を投稿して「マナーが悪い」など…。

これらの投稿が拡散されて人々の目に留まると、当然のことながら批判が殺到。顧客のプライバシーを侵害したことに対して怒りのコメントで溢れ、このカオマンガイ店をボイコットしようという動きが広がりました。

これに対して店主は自身のFacebookで、「こんな大きな問題になるとは思わなかった」と自身の軽率な行動ついて謝罪しています。
(タイランドニュース 2018年10月27日)

2015_07150033
■海外のホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?

プーケット・パトンビーチでも偽ブランド商品摘発!バンコクのパッポン通りは?

現在タイではアメリカとの協力のもと、知的財産権侵害撲滅へ向けて、タイ各地の市場等で偽ブランド商品の摘発が進められ、これまでサムイ島やパタヤでも摘発が行われています。

そんな中の2018年10月26日夜、タイ南部プーケットで最も賑わうパトンビーチの繁華街・バングラ通り周辺で、当局による捜査が行われ、 Rayban, Nike, ADIDAS, UNDER ARMOUR などの4200万バーツ相当の偽ブランド品が押収されました。また一部店主も逮捕されたとのこと。

偽ブランド商品販売したものには、4年以下の懲役か4万バーツ以下の罰金、またはその双方が科されます。

偽ブランド品の販売といえば、タイ旅行者や在住者が真っ先に思い浮かべると思われるのが、バンコク・パッポン通りのナイトマーケット。バッグや時計、雑貨や衣類など多くの偽ブランド品が所狭しと並べられ、観光客が偽ブランド品を購入する姿を度々見かけます。一連の摘発の流れの中では、まだパッポン通り捜索の話題はまだないようですが…。
(タイランドニュース 2018年10月27日)

2014_10230156s
■海外のホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?