タイ国際航空、 エコノミークラスの正規割引運賃で前売り期限を変更

タイ国際航空は2019年1月1日(火)発券分から、一部のTG正規割引運賃において、通常期の前売り期限を変更します。

対象は、TGエコノミーセーバーの予約クラス「V」、TGエコノミーセーバープラスの予約クラス「K」または「T」、TGエコノミーフレキシーの予約クラス「Q」「H」「M」で、これまでよりも前売り期限が緩和されます。

TGエコノミーセーバーの予約クラス「V」は3日前、TGエコノミーセーバープラスの予約クラス「K」または「T」は5日前、TGエコノミーセーバーの予約クラス「V」は7日前まで購入できるようになります。

なお、通常期は路線によって異なります。詳しくは、タイ国際航空のウェブサイトを参照ください。

■2019年通常期
<成田、羽田、大阪、名古屋、福岡発>
1月1日(火)~1月31日(木)、3月1日(金)~4月25日(木)、
5月5日(日)~7月26日(金)、8月22日(木)、8月24日(土)~9月30日(月)
<札幌発>
5月5日(日)~6月30日(日)、8月22日(木)~9月30日(月)

期日: 2019/01/01から
(Fly Team 2018年12月26日 12時05分)

2006_11230012
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の8つの海外ホテル予約サイトを比較!

【タイ国際航空】エコノミークラス2年連続1位に輝くー「ワールド・エアライン・アワード」

2018年7月19日、タイ国際航空は、スカイトラックス社「ワールド・エアライン・アワード」で3部門を受賞したことを発表した。

英国の航空業界専門の調査会社であるスカイトラックス社が行った「2018 ワールド・エアライン・アワード(World Airline Awards)」で、エコノミークラス全般の品質とサービスについての利用者からの評価と、エコノミークラスの機内食の評価が2年連続で1位に輝いた。

また、「World’s Best Airline Lounge Spa Facility」を4年連続で受賞でした。受賞の対象となったラウンジは、バンコク・スワンナプーム国際空港、コンコースDに位置するロイヤルファーストクラス、ロイヤルシルククラスのラウンジ。

ロイヤルファーストクラスの利用者には、首や肩、足マッサージに加え、全身のスパトリートメントを提供。ロイヤルシルククラス(ビジネスクラス)の利用者は、首・肩マッサージまたはフットマッサージをチョイスできる。このサービスは先着順で受け付けている。

タイ国際航空は、優れた航空会社を総合的に評価する「The World’s Best Airlines 2018」では10位にランクアップした。
(GLOBAL NEWS ASIA 2018年7月19日 10時45分)

2015_02100045
個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

タイ国際航空、タイ行きセールでエコノミークラスの販売期間を延長

タイ国際航空は、2018年3月15日(木)から実施している「TGスーパーディール アーリーサマー タイランド」運賃の販売期間を延長しました。対象はエコノミークラスの「Wクラス」で、関西発が7月11日(水)まで、成田と名古屋(セントレア)発は7月18日(水)までです。

対象の搭乗期間は、関西発が7月25日(水)まで、成田と名古屋(セントレア)発は9月12日(水)までです。運賃額はバンコク行きが41,000円から、プーケット、チェンマイ、クラビ行きが45,000円からと設定されています。

なお、日本/バンコク間は利用便限定で、往路は成田発のTG641、TG643、TG677便、関西発はTG623、TG673便、名古屋発はTG647便、復路は成田着がTG640、TG642、TG676便、関西着がTG622、TG672便、名古屋着がTG644、TG646便のみ利用できます。

詳しい運賃額、条件などはタイ国際航空のウェブサイトを参照ください。
期日: 2018/07/18まで
(Fly Team 2018年7月9日 12時15分)

2013_07170438          (photo by 絵夢座)

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。