サムイ島のレストラン、時間外アルコール販売と外国人ミュージシャンの不法就労発覚

タイ南部サムイ島のボープット警察署は2021年2月19日、ラマイビーチにあるレストラン「La Bohemia Beach Lounge」の検査を実施し、時間外アルコール販売と労働許可のない外国人による楽器演奏が見つかりました。

報道によると警察は、地元住民からの通報を受けて「La Bohemia Beach Lounge」を午後4時頃に訪問。100人以上の外人と外国人の客が店内におり、決められた時間外でアルコールが販売されていることがわかりました。警察は証拠としてビール瓶2本と請求書2枚を押収しています。(タイではアルコール販売ができる時間が定められており、午前11時から午後2時 までと午後5時から午前0時までに限定されています)

さらに店内で音楽を演奏していたフランス人ら4人は、労働許可証を所持していない不法就労であることも明らかになりました。
(タイランドニュース 2021年2月20日)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

バンコク・エアウェイズ、サムイ島=プーケットとプーケット=ハジャイを一時運休

バンコク・エアウェイズは、県を越える移動の自粛を呼びかけたCOVID-19状況管理センター(CCSA)の発表に合わせて、フライトスケジュールの変更を発表しました。

TAT Newsによるとバンコク・エアウェイズは2021年1月10日から1月31日までの期間、サムイ=プーケット(往復)とプーケット=ハジャイ(往復)の運航を停止します。

また1月11日から1月31日までの間、ビババディ・ランシット通り(本社)にある発券オフィスが一時的に閉鎖となります。この期間は、コールセンター1771および02 270 6699 (08.00 – 20.00)、Eメール:Reservation@bangkokair.comから、バンコク・エアウェイズに連絡することができます。
(タイランドニュース 2021年1月8日)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

バンコクエアウェイズの特別運賃、サムイ島へ片道2000バーツ~

先日、タイ国内線の年間乗り放題サービスを「エリートカード」発表したバンコクエアウェイズが2020年11月13日、バンコク=サムイ島路線と、サムイ島=プーケット路線の特別運賃を発表しました。

運賃は片道2000バーツから2750バーツまで(空港税と発券手数料は除く)。旅行期間は2020年11月15日から2021年2月28日までとなります。

詳細は公式サイトbangkokair.com/を確認するか、カスタマーセンター(1771または02-270-6699 :07.00〜20.00)まで。

南国リゾートの雰囲気いっぱいのサムイ空港はバンコクエアウェイズが所有しており、サムイ島へ空路はほぼバンコクエアウェイズが独占。通常ならチケットも高額ですが、格安でサムイ島直行の旅行が楽しめるチャンスとなります。
(タイランドニュース 2020年11月13日)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

タイ首相、サムイ島にも外国人旅行者の受け入れ準備を指示

タイでは2020年10月より、特別観光ビザによる外国人旅行者の受け入れをスタート。既に中国人のグループがバンコクに到着し、14日間の隔離検疫を受けている最中です。なお隔離検疫後外国人旅行者は、タイ国内を自由に旅行することが可能になります。

各報道によるとタイ保健省アヌティン・チャーンウィーラクーン大臣は2020年11月2日、プラユット首相よりプーケットとサムイ島で外国人旅行者受け入れの準備をするように支持されたと語りました。

プーケットは既に特別観光ビザの外国人旅行者グループが到着予定であることが伝えられていますが、サムイ島についても言及。すでにサムイ島でも空港での受け入れ対応や、万が一新型コロナウイルス感染者が確認された時にサムイ島内の病院で対応が可能なように準備が出来ているとのことです。
(タイランドニュース 2020年11月3日)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

より安全なサムイ島に!1044台の防犯カメラと4733台の照明を追加

島全体がヤシの木に覆われていることから“ココナッツアイランド”とも称されるスラタニ県のサムイ島。バンコクからはバンコクエアウェイズを利用すれば、わずか一時間で到着する気軽に行けるビーチリゾートです。

今でこそコロナ禍で観光客の少ないサムイ島ですが、来たるべき復活の日に向けての取り組みが行われています。

77kaodedの報道によるとサムイ島で2020年7月21日、観光振興のために安全性を高めることを目的とした2億6500万バーツを費やすキャンペーン「サムイ島のスマートシティ」についての会議が行われました。

この日行われた会議の議題のトップは、交通事故を減少させること。また、更に観光客が安心してサムイ島に滞在出来るように、1,044の防犯カメラと4,733個の照明を追加するとのこと。

現在タイは雨季で、プーケットなどタイの西海岸(アンダマン海側)は天候の悪い日が多いですが、サムイ島など東海岸(タイ湾側)は比較的良好の天候が続きます。今現在タイに滞在中の方が南の島に遊びに行くのであれば、サムイ島(やパンガン島、タオ島)がオススメの場所かもしれません。
(タイランドニュース 2020年7月22日)

2015_0711n036
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!