タイ・サムイ島などフェリー運休 台風1号接近で 

台風1号(パブーク)がマレー半島の中央部に接近していることを受け、進路上のタイ南部スラタニ県のマレー半島側、沖合のサムイ島、パンガン島、タオ島などを結ぶ定期船が3日午後から5日午前にかけ運休する。

運休するのはラチャ・フェリー・ポート社、ロムプラヤ・ハイスピード・フェリー社、シートラン・ディスカバリー社などが運航する定期船。

日本の気象庁によると、台風1号は3日午前9時(日本時間)時点で、マレー半島の東沖を西に時速約15キロで進んでいる。中心気圧1002ヘクトパスカル、中心付近の最大瞬間風速は秒速25メートルで、中心から北西側390キロ、南東側220キロが風速15メートル以上の強風域となっている。

4日夜から5日朝にかけ、サムイ島周辺を通過し、スラタニ県もしくは隣県のチュムポン県、ナコンシータマラート県でマレー半島に上陸する見通し。
(newsclip.be 2019年1月3日 10時46分)

2015_0711n002
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の8つの海外ホテル予約サイトを比較!

サムイ国際空港、到着ターミナル

サムイ国際空港は、バンコク・エアウェイズが所有している空港で、ほぼ独占的に使用しています。
ターミナルは、自然の風や太陽光を取り入れた建物となっており、植物や木々を活用して空港内を分割しているつくりのため、南国リゾート気分を満喫できる施設となっています。サテライトから飛行機までオープンエアなトロリーで送迎するのも小さな空港ならではの楽しみといえます。

■到着ターミナル

samui_airport_arrival

空港ターミナルには、駐機場からトロリーでオープンエアの到着ターミナル口に向かいます。

2015_07100033

2015_07100036
日本で荷物を預け、サムイ国際空港で受け取る場合、国際線ターンテーブルに荷物が流れます。

2015_07100039

ミーティング・エリアに向かい、タクシーや送迎の車でサムイ島内に移動。

2015_07100041

2015_07100043

2015_07100042

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

サムイ国際空港、出発ターミナル

サムイ国際空港は、バンコク・エアウェイズが所有している空港で、ほぼ独占的に使用しています。
ターミナルは、自然の風や太陽光を取り入れた建物となっており、植物や木々を活用して空港内を分割しているつくりのため、南国リゾート気分を満喫できる施設となっています。サテライトから飛行機までオープンエアなトロリーで送迎するのも小さな空港ならではの楽しみといえます。

■出発ターミナル

samui_airport_departure

カウンターにてチェックイン後、「サムイ・パーク・アベニュー」を200m程歩いてメインゲートに向かいます。

2015_07120012

2015_07120011

「サムイ・パーク・アベニュー」を200M程歩いた場所にメインゲート。
※「サムイ・パーク・アベニュー」には、多数のお店が出店していて、お土産の買い忘れは、こちらでも対応できます。

2015_07120014

2015_07120015

メインゲートに入ると搭乗ゲートが国内線・国際線に分かれ、
利用するゲート側で手荷物検査を受けることになります。

2015_07120013

2015_07120017

第2ゲートのトロリー乗り場。サテライトからトロリーで駐機場に向かいます。

2015_07120018

2015_07120023

2015_07120022

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。