2018年の空港利用者、前年比5.53%増

スワンナプーム国際空港をはじめタイ国内6空港を管理するエアポーツ・オブ・タイランド(AOT)は、2018年の同社が管理する空港の利用者数が前年同月比5.53%増の1億4047万1632人となったと発表した。

各空港の利用者数は、
スワンナプーム国際空港が同4.14%増の6337万8923人、
ドンムアン空港が同6.42%増の4075万8148人、
チェンマイ空港が同7.42%増の1098万9402人、
ハートヤイ空港が同2.55%減の425万6106人、
プーケット空港が同8.11%増の1822万1764人、
チェンラーイ空港が同14.54%増の286万7289人となった。
(タイ通 2019年1月22日 13時32分)

2014_04060093
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の8つの海外ホテル予約サイトを比較!

年末年始の空港利用者、前年比11.8%増

スワンナプーム国際空港をはじめタイ国内6空港を管理するエアポーツ・オブ・タイランド(AOT)は、年末年始における6空港の利用者数が前年比11.8%増の318万人と予想している。

タイ地元紙によると、現在予定されているフライト数は同12.6%増の1万8300回。今月27日から来年1月2日までの7日間のデータとなる。

最も利用者が多いのは、スワンナプーム国際空港で同15.3%増の152万人。フライト数は同15.3%増の8000回。

各空港で利用者が急増することから、AOTも人員を増強するなど対策を講じたそうだ。
(タイ通 2018年12月28日 11時24分)

2012_11110018
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の8つの海外ホテル予約サイトを比較!

もっと素敵なタイへ「プライオリティパスが使える国内線ラウンジも誕生!」バンコク・スワンナプーム空港

2018年11月20日、世界のハブ空港として充実した機能を誇るバンコク・スワンナプーム国際空港。タイ国際航空のラウンジは「World’s Best Airline Lounge Spa Facility」で、4年連続で受賞に輝くほど(コンコースD ロイヤルファーストクラス、ロイヤルシルククラスのラウンジ)。

タイ国際航空の高度なサービスレベルに牽引される形で、その他のラウンジのレベルも確実に上がている。国内線ラウンジ「Blue Ribbon Club Lounge」は、新たにプライオリティパスでの利用ができるようになった。営業時間は4:30~22:00で、A3ゲート近くにある。運営は、バンコクエアウェイズ。(タイ国際航空のラウンジとは別)

シャワールームもあり、マッサージチェアが4台置かれている。ビッフェでは、ガーリック風味の焼き鳥が人気で、鮮度の良いレタスやサラダ菜、オレンジもある。注文を受けてから作るワンタンスープなども好評、健康に良さそうなライス・グリーン・ジュースも飲める。

日本各地からバンコクを経由してチェンマイやプーケットを始め、タイ各地に移動するときに便利だ。この日は、羽田発バンコク行きのタイ国際航空機から、雪化粧の富士山を見ることができた。
(GLOBAL NEWS ASIA 2018年11月22日 09時15分)

2014_10250108s
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?お薦めの8つの海外ホテル予約サイトを比較!

9月の空港利用者、前年比0.54%増

スワンナプーム国際空港をはじめタイ国内6空港を管理するエアポーツ・オブ・タイランド(AOT)によると、2018年9月の同社が管理する空港の利用者数が前年同月比0.54%増の989万7229人となった。これにより今年1~9月の同利用者数は6.50%増の1億488万1597人となった。

各空港の9月の利用者数は、スワンナプーム国際空港が同0.36%増の451万1773人、ドンムアン空港が同2.83%増の301万4418人、チェンマイ空港が同3.49%増の75万9335人、ハートヤイ空港が同4.15%減の33万4191人、プーケット空港が同6.70%減の107万4287人、チェンラーイ空港が同10.97%増の20万3225人となった。

また1~9月の利用者数は、スワンナプーム国際空港が同4.32%増の4719万3338人、ドンムアン空港が同8.00%増の3055万1611人、チェンマイ空港が同7.78%増の802万1034人、ハートヤイ空港が同3.10%減の318万1234人、プーケット空港が同11.28%増の1386万3746人、チェンラーイ空港が同17.03%増の207万634人となった。
(タイ通 2018年10月25日 14時21分)

2006_11230014.gif
■海外のホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?

スワンナプーム空港 偽造旅券所持でスリランカ人を逮捕

スワンナプーム空港で9月23日、偽造インド旅券を使ってドイツに入国しようとした容疑でスリランカ人の男(39)が逮捕された。容疑者は21日にドバイから同空港に到着後、ドイツのミュンヘンに向かおうとしていた。

パスポート・チェックで係官が旅券の名義人身分事項ページに違和感を覚えて、容疑者を別室に連れて行って詳しく話を聞いたところ、インド旅券が偽造されたもので、自分はインド人ではなくスリランカ人であること、英国で職に就こうと考えていたことなどを認めたという。

偽造旅券は手はず通りに同空港のトランジットエリアでマレーシア人の男から受け取ったという。なお、この男はすぐに出国したとのことだ。
(バンコク週報 2018年9月24日)

2014_04090077
■海外のホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?