「セントラル・プーケット」 9月10日グランドオープン

タイの大手財閥セントラル・グループの不動産開発会社セントラル・パタナー(CPN)が約200億バーツを投じてタイ南部プーケット島プーケット市に開発した商業施設「セントラル・プーケット」が9月10日にグランドオープンする。

敷地面積18ヘクタールで、百貨店の「セントラル・デパートメントストア」、家電量販店「パワーバイ」、スポーツ用品店「スーパースポーツ」といったセントラル・グループの店舗のほか、飲食店、専門店約400店が入居。ホテル、コンベンションホール、水族館などを併設する。
(newsclip.be 2018年8月30日 21時30分)

2017_06176710          (photo by 絵夢座)

■海外のホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?