洞窟から救出された少年とコーチ計4人にタイ国籍

先に北部チェンライ県の洞窟から救出されたサッカーチームの少年12人とコーチの男性について、「無国籍者が含まれている」と報じられていたが、タイ当局は8月8日、このうち少年3人とコーチの計4人にタイ国籍を付与した。

これら4人の父母は内務省に出生届をしていない少数民族だったため、タイ国籍を得ていなかった。

だが、タイ当局によれば、国籍法に規定された国籍付与の条件を満たしており、また善行が評価されたことなどから4人にタイ国籍が与えられることになったという。
(バンコク週報 2018年8月9日)

20180525
個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。