タイ国際航空、59周年記念運賃を設定 往復44,500円から

タイ国際航空は2019年4月15日(月)まで、59周年記念運賃を設定、販売しています。搭乗期間は、2019年5月5日(日)から6月30日(日)と8月19日(月)から10月30日(水)までの日本出発分です。期間中のうち、10月9日(水)から10月12日(土)、10月18日(金)から10月27日(日)の日本発は対象外です。

出発地は、羽田、成田、関西、名古屋(セントレア)、福岡、新千歳で、運賃額はホーチミン、ハノイ、プノンペン行きが往復44,500円から、ジャカルタ、デンパサール行きが48,000円からなどと設定されています。

また、ロンドン、パリ、フランクフルトなどのヨーロッパ12都市行きが58,100円から販売されています。予約クラスはエコノミークラスの「T」「K」「V」「W」です。

タイ国際航空の日本路線は、成田発着が1日3便、羽田、関西、名古屋発着が1日2便、福岡、新千歳発着がデイリー運航です。
期日: 2019/04/15まで
(Fly Team 2019年3月30日 21時55分)

2006_11230009.gif
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

タイ航空がバンコク=仙台定期便を再開へ、2019年11月から週3往復

タイ国際航空(タイ航空・TG)は、現在休止中のバンコク=仙台の定期便を、2019年11月より再開させる予定であることを明らかにしました。共同通信が報じています。

共同通信によると、タイ航空の関係者の話として、バンコク=仙台は週3往復で、3年契約の予定とのこと。4月末にも正式に決定するとしています。

タイ航空のバンコク=仙台定期便は、 2013年12月3日より2014年3月29日までの期間限定で週3便を運行。当時バンコクで行われていた反政府デモの影響で搭乗率が落ち込み、運行継続を断念していました。

その後も仙台市は、2017年に放送されたタイドラマ「ロックレター」と、2018年に公開になったタイ映画「グラビティ・オブ・ラブ」のロケを誘致するなど、タイ人観光客の呼び込みに尽力。ようやく5年ぶりのバンコク=仙台の定期便の再開となりました。
(タイランドニュース 2019年3月16日)

2013_07170435          (photo by 絵夢座)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

タイ国際航空、7月13日から福岡/バンコク線を週10便に増便

タイ国際航空(TG)は2019年7月13日(土)から、福岡/バンコク線を増便、週10便体制での運航を決定しました。3月末からの夏スケジュールは、TG649、TG648便をデイリー運航しますが、これに加え月、木、土の週3便を追加します。

増便する福岡発TG691便は18時20分、バンコク発TG690便は9時50分で、現在のデイリー運航と比べ福岡発は昼と夕方、バンコク発は深夜と午前中で2便運航の週3日は、旅程の都合にあわせた便を選択できるようになります。機材はビジネス36席、エコノミー263席のA330-300です。

タイ国際航空は1992年に福岡/バンコク線に就航して以来、タイと福岡や九州地域を結び、ビジネスと観光両面の需要を支えています。2018年には福岡タイ王国総領事館が開設、タイ国政府観光庁福岡事務所が2年ぶりに再開されるなど、日本、タイとそれぞれを出発する需要拡大が見込まれ、増便が決定しました。

■福岡/バンコク線の増便スケジュール
<増便>
TG691便 福岡 18:20 / バンコク 21:40 (月、木、土)
TG690便 バンコク 9:50 / 福岡 17:00 (月、木、土)
<現行便>
TG649便 福岡 11:35 / バンコク 14:55 (デイリー)
TG648便 バンコク 0:50 / 福岡 8:00 (デイリー)

期日: 2019/07/13から
(Fly Team 2019年3月15日 20時25分)

2015_02080044
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

タイ国際航空、搭乗券がクーポンになる「TG割」 9月30日まで

タイ国際航空は2019年9月30日(月)まで、「TG割」第2弾キャンペーンを実施しています。搭乗券を提示すると、対象店舗などで特典が受けられるキャンペーンで、2018年11月からスタートし、第1弾の提携店はほとんどの店舗でキャンペーン期間を延長し、第2弾ではバンコク市内のレストラン、スパ、雑貨店が4軒が加わりました。

第2弾「TG割」は、バンコク市内13店舗と日本国内の4店舗、計17店舗の対象店で割引やプレゼントが提供されます。バンコクでは、雑貨店&Cafe「Chico」で買い物時に5%割引とコーヒー1杯サービスをはじめ、マッサージの特別価格やトリートメントの30%割引、タイ料理レッスンの割引などが用意されています。キャンペーン期間中には、提携店の追加も予定されています。

日本国内の対象店舗は、「マンゴツリーカフェ」各店と東京駅近くにある「マンゴツリー東京」など12店舗が参加しており、会計から10%割引になります。タイから帰国後、各種の条件があるものの、往路の搭乗券を捨てないで提示すると、タイ料理を割安に楽しめる特典です。
期日: 2019/09/30まで
(Fly Team 2019年3月9日 20時55分)

20171110
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

タイ航空 18年赤字5倍増、116億バーツ 経営再建不発

タイ国際航空は2018年の最終赤字が116.3億バーツで、前年の21.1億バーツの5倍以上に膨らんだ。燃油価格の上昇、減損損失などが影響した。

売上高は前年比3.9%増の1995億バーツだった。

旅客数は1%減の2432万人。搭乗率は77.6%(前年同期79.2%)だった。運航機数は3機増え103機。

2018年末の資産総額は2687.2億バーツ、負債総額は2482.7億バーツだった。

タイ航空はタイ財務省が株式の51%を保有する国営企業。政治家や官僚、軍、労組などの既得権益の巣となって放漫経営が続き、2013年に120.5億バーツ、2014年156.1億バーツ、2015年130.7億バーツの赤字を垂れ流した。政府が経営再建に乗り出し、2016年は収支がほぼとんとん、2017年は21.1億バーツの赤字だったが、2018年に再度赤字幅が拡大したことで、経営の先行きは不透明となっている。
(newsclip.be 2019年3月4日 10時54分)

2015_02080037
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!