タイ国際航空、新千歳・名古屋発バンコク行きセール 73,800円から

タイ国際航空は2018年12月31日(月)まで、「FLY Thai プロモーション運賃II」を設定、販売しています。対象路線は名古屋(セントレア)、新千歳発バンコク行き、搭乗期間は2019年3月31日(日)までの日本出発分ですが、設定期間のうち12月16日(日)から2019年1月14日(月)と2月1日(金)から2月28日(木)は対象外です。

運賃は名古屋発が73,800円から、新千歳発が85,600円からと設定されています。利用便が限定されており、名古屋(セントレア)/バンコク線では往路がTG647便、復路がTG646便、新千歳/バンコク線では往路がTG671便またはTG681便、復路がTG670便またはTG680便です。

詳しい運賃額、条件などはタイ国際航空のウェブサイトを参照ください。
期日: 2018/12/31まで
(Fly Team 2018年12月3日 11時25分)

2015_02120048
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?お薦めの8つの海外ホテル予約サイトを比較!

タイ国際航空、航空券の発券手数料と交換発行手数料を変更 12月から

タイ国際航空は2018年12月1日(土)から、航空券の発券手数料と交換発行手数料を変更します。

発券手数料は、タイ国際航空の公式サイトから購入した場合はこれまで通り無料ですが、タイ国際航空の日本地区コールセンター、日本国内支店または空港発券カウンターで発券した場合と、特典航空券の発券の際にかかる手数料が変更されます。変更後の手数料は、いずれも30米ドルに加え、税金が必要です。

交換発行手数料については、タイ国際航空の日本地区コールセンター、日本国内支店または空港発券カウンターで発券した場合、30米ドルに税金が加算された金額が徴収されます。
期日: 2018/12/01から
(Fly Team 2018年11月30日 22時45分)

2015_02080044
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?お薦めの8つの海外ホテル予約サイトを比較!

もっと素敵なタイへ「プライオリティパスが使える国内線ラウンジも誕生!」バンコク・スワンナプーム空港

2018年11月20日、世界のハブ空港として充実した機能を誇るバンコク・スワンナプーム国際空港。タイ国際航空のラウンジは「World’s Best Airline Lounge Spa Facility」で、4年連続で受賞に輝くほど(コンコースD ロイヤルファーストクラス、ロイヤルシルククラスのラウンジ)。

タイ国際航空の高度なサービスレベルに牽引される形で、その他のラウンジのレベルも確実に上がている。国内線ラウンジ「Blue Ribbon Club Lounge」は、新たにプライオリティパスでの利用ができるようになった。営業時間は4:30~22:00で、A3ゲート近くにある。運営は、バンコクエアウェイズ。(タイ国際航空のラウンジとは別)

シャワールームもあり、マッサージチェアが4台置かれている。ビッフェでは、ガーリック風味の焼き鳥が人気で、鮮度の良いレタスやサラダ菜、オレンジもある。注文を受けてから作るワンタンスープなども好評、健康に良さそうなライス・グリーン・ジュースも飲める。

日本各地からバンコクを経由してチェンマイやプーケットを始め、タイ各地に移動するときに便利だ。この日は、羽田発バンコク行きのタイ国際航空機から、雪化粧の富士山を見ることができた。
(GLOBAL NEWS ASIA 2018年11月22日 09時15分)

2014_10250108s
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?お薦めの8つの海外ホテル予約サイトを比較!

「運休対応で不手際」 タイ航空、批判に反論

タイ国際航空は20日、17日の上海発バンコク行きTG665便が機材(A350-900型機)の不具合で運休した際の対応をインターネットの交流サイト(SNS)で批判されたことに対し、別便や食事、宿泊先の手配など国際的な基準に従い対応したと反論した。

運休したことについては謝罪した。

同便には乗客244人が搭乗を予定していた。乗客の一部がタイ航空の対応をSNSに投稿し、情報提供の遅れや誘導の不手際などを批判した。

タイ航空は最近、運航の大幅な遅延などで批判を浴びている。同社は一部のトラブルについて謝罪したが、ホームページに掲載した経緯説明と謝罪は今回も含めタイ語のみとなっている。
(newsclip.be 2018年11月20日 23時00分)

2015_02100042
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?お薦めの8つの海外ホテル予約サイトを比較!

タイ国際航空、6空港発の東南アジア行きセール 往復51,000円から

タイ国際航空は2019年1月15日(火)まで、「TG/WE タイランド エクスプローラー運賃」を設定、販売しています。対象は、11月25日(日)から2019年1月28日(月)までの日本出発分で、1月31日(木)までの旅行終了が条件です。設定期間のうち、12月15日(土)から1月5日(土)までは対象外となります。

出発地は成田、羽田、関西、名古屋(セントレア)、福岡、新千歳の6空港発で、目的地はチェンライ、ウドンタニ、ウボンラチャタニ、コンケン、スラタニ、ハートヤイ、ナラティワットです。運賃はエコノミークラスが51,000円からと設定されています。日本発の国際線はタイ国際航空の運航、バンコク以遠はタイ国内線はタイ・スマイルの運航です。

詳しい運賃額、条件などはタイ国際航空のウェブサイトを参照ください。
期日: 2019/01/15まで
(Fly Team 2018年11月16日 20時10分)

2015_02080029
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?お薦めの8つの海外ホテル予約サイトを比較!