タイ到着ビザ無料化が延長、2019年タイ正月の期間まで

中国人など減少した観光客を呼び戻すため、2018年12月1日から2019年1月31日まで限定で、通常2000バーツの到着ビザが無料となっていますが、タイ正月(ソンクラーン)期間の4月半ばまで、無料期間が延長されることになりました。

なお対象の国は、アンドラ、ブルガリア、ブータン、中国、キプロス、エチオピア、インド、カザフスタン、ラトビア、リトアニア、モルディブ、マルタ、モーリシャス、パプアニューギニア、ルーマニア、サンマリノ、サウジアラビア、台湾、ウクライナ、ウズベキスタンの21カ国。

日本人は30日までビザ無しでの滞在が認められているため、今回の到着ビザ無料化とは無関係となります。
(タイランドニュース 2019年1月9日)

2014_04060096.gif
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の8つの海外ホテル予約サイトを比較!