ANAとJALが燃油サーチャージを値上げ、日本=タイは8,500円に

ANAとJALは、国際線旅客「燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)」を値上げ。2019年2月1日(金)以降の航空券発券分から適用となります。

「燃油特別付加運賃」は、燃油価格の変動に応じて2カ月ごとに見直し。シンガポールケロシン市況価格を指標として用い、申請時点における直近2カ月の同市況価格の平均に日本発旅程の場合には同期間の平均為替レートを乗じて運賃額を決定しています。

なお日本=タイ間の「燃油特別付加運賃」は、これまでの6,500円から8,500円になります。

ANA
・日本=北米(ハワイ除く)・欧州・中東・オセアニア/17,500円
・日本=ハワイ・インド・インドネシア/11,000円
・日本=タイ・シンガポール・マレーシア・ミャンマー・カンボジア/8,500円
・日本=ベトナム・フィリピン・グアム・サイパン/5,000円
・日本=東アジア(韓国を除く)/4,500円
・日本=韓国/1,500円

JAL
・日本-北米・欧州・中東・オセアニア/17,500円
・日本=インドネシア・インド・スリランカ・ハワイ/11,000円
・日本=タイ・シンガポール・マレーシア・ロシア(イルクーツク)/8,500円
・日本=グアム・フィリピン・パラオ・ベトナム・ロシア(ノヴォシビルスク)/ 5,000円
・日本=東アジア(除く韓国)/ 4,500円
・日本=韓国・極東ロシア/1,500円
(タイランドニュース 2018年12月22日)

2014_10200026s
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の8つの海外ホテル予約サイトを比較!

タイ航空、新千歳発着路線で「TGスーパーディール」 往復39,000円から

タイ国際航空は2018年11月1日(木)から2019年1月31日(木)まで、新千歳発着タイ行き特別運賃「TGスーパーディール 北海道」を設定、販売しています。

対象期間は、12月2日(日)から2019年3月28日(木)出発分までですが、12月30日(日)から1月3日(木)は対象外です。運賃は、バンコク行きエコノミークラスが往復39,000円からと設定されています。

この運賃の新千歳/バンコク間は利用便が限定されており、往路は新千歳発TG681便、復路は新千歳着TG680便の利用です。詳しい運賃額、条件などはタイ国際航空のウェブサイトを参照ください。
期日: 2018/11/01 ~ 2019/01/31
(Fly Team 2018年11月2日 16時55分)

2006_11230012.gif
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?

ベトナム航空、日本発着タイ行きでセール 総額2.8万円台から

ベトナム航空は、日本発着バンコク行きを対象としたセールを、6月9日から8月31日まで開催している。

いずれも往復運賃で、東京/羽田・東京/成田・名古屋/中部・福岡発着のバンコク行き行きが28,860円からとなる。搭乗期間は8月16日から12月18日まで、路線により設定期間は異なっているほか、一部期間は除外となっている。いずれも燃油サーチャージ、諸税は含まれている。発券日の為替レートによって運賃が変動する場合がある。
(Traicy 2018年6月28日 06時41分)

airplane2

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。