タイ政府、大工など12業種で外国人就労解禁

タイ政府は外国人の就労を禁じている39職種のうち12職種について、7月から就労を認める。6月21日の外国人労働政策委員会会合(委員長、アドゥン労相)で承認した。

肉体労働については無条件で就労を認める。
・農業、畜産業、林業、漁業
・石工、大工
・寝具職人
・刃物職人
・靴職人
・帽子職人
・服職人
・陶工
―については被雇用者であることなどを条件に就労を認める。

外国との条約に基づき条件付きで就労を認めるのは、
・会計に関する監査、経理
・土木エンジニアリングに関する設計、計算、分析、検査、監督
・建築に関する設計、図面作成、価格見積、施工管理―。

理容師、美容師、ガイド、店員などはこれまで通り外国人の就労を禁じる。

今回の決定については、外国人の店員、ネイリストなどを雇っているタイ人店主から批判の声が上がっている。店主らは「外国人店員がいなければ商売がなりたたない」、「ネイリストをやりたがるタイ人は少ない」などとして、就労を解禁するよう求めている。
(newsclip.be 2018年6月24日 22時40分)

2015_0711n031

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

広告

ネットで高級腕時計偽造品販売、バンコクでシンガポール人男逮捕

タイ警察は20日、バンコク都ジャトゥジャク区のアパートで、「パテックフィリップ」、「オメガ」などの偽ブランド品の腕時計22個、拳銃1丁と銃弾10発などを押収し、住人のシンガポール人の男(28)を商標権侵害、銃器不法所持などの容疑で逮捕した。

フェイスブックを通じ、偽ブランド品の腕時計を販売した疑い。

容疑者は取り調べに対し、中国から偽ブランド品を仕入れ販売したことを認めた。
(newsclip.be 2018年6月24日 22時39分)

20180517

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

タイのお土産に石鹸はどうですか?

タイのお土産と言えば、ドライフルーツと、お菓子、多少値が張るものではシルク製品となるのが一般的ではないでしょうか。

訪タイするたびにいろいろな商品を購入してみましたが、特に喜ばれたものが石鹸です。

「何故お土産に石鹸?」とお思いの方もいらっしゃると思いますが、その当時ノニ石鹸が人気ということもありましたが、日用品ならもらった人も困らないだろうとの考えでした。

持ち帰りの際に嵩張るのとバッグが重くなるのが難ですが、喜ばれるお土産品だと思います。お薦めいたします。

2014_10220187s

2014_10220188s

2014_10220189s

2014_10220190s

2014_10220192s

※タイのスーパーでは、美容専門店並みにノニ石鹸やマンゴスチン石鹸など様々な種類が販売されていて、その度に今まで購入したことのない石鹸を多数購入していました。

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

「ウォーキング・バンコク~バンコク15の今昔お散歩ルートマップ」 タイ国政府観光庁が公開

タイ国政府観光庁(TAT)は、バンコクの街歩きのためのガイドブック「ウォーキング・バンコク~バンコク15の今昔お散歩ルートマップ」を発行しました。

タイ国政府観光庁によるとこのガイドブックは「おすすめルートに写真スポット、グルメ情報などを、可愛いイラストと写真満載でわかりやすくご紹介しています。王道観光名所から路地裏名店まで!タイをよく知っている人でさえ新しい発見がある、まさに『こんなタイ知らなかった』なお散歩ルートマップです。」とのこと。

掲載されているのは以下の15のルート。

1.ヤワラート地区
2.ナンルン・クローンパドゥン地区
3.トンブリー地区 タイ仏教寺院、キリスト教会、モスク、中国廟~クローンサーン
4.バンランプ-、ワンナー、ターティアン
5.大ブランコ、ディンソー通り、チャオポースア廟、ラッタナコーシン島の中心部
6.サムセーン~テーウェート
7.バーンラック~シーロム
8.ボーベー市場~ラチャプラソン交差点
9.バンランプ-の寺町巡り
10.バンコク旧市街の城壁周辺を巡る
11.ワンラン地区を散策
12.ヤワラートでアートの街を攻略
13.クローンサーン、ターディンデーン地区を歩く
14.バーンモー、サムペン、かつての流行発信地を歩く
15.タラートプルー~ジョームトーン

「ウォーキング・バンコク~バンコク15の今昔お散歩ルートマップ」をダウンロードして、インスタ撮影の旅、グルメの旅に出かけましょう!

■「バンコク15の今昔お散歩ルートマップ」PDF版
https://www.thailandtravel.or.jp/common/pdf/Walking_BKK2018.pdf
(タイランドニュース 2018年6月24日)

20180624

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

タイ舞台のハードボイルド小説「マンゴーレイン」を読んでみては

不安定な天候が続くこんな時期にタイを舞台にして本をご紹介。

「不夜城」の著者・馳星周のハードボイルド小説「マンゴーレイン」。あらすじは、主人公がバンコクで再会したタイ人の幼馴染に中国人女性をバンコクからシンガポールに連れて行く仕事を引き受けるところから話は展開していきます。ちなみに主人公は、日本人と対人のハーフ。中国人女性をシンガポールまで運ぶ簡単な仕事は、途中から謎の集団から襲われ、バンコク中を駆け巡る逃走劇に発展してきます。

「不夜城」のように、登場人物達の騙し合い・裏切りオンパレードの展開に馳星周の描くハードボイルド作品と納得できます。作中の出てくる地区や通りの名前が分かるとより楽しめます。雨の日は、たまには読書でもいかがですか。

2009_05050052.gif

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。