サムイ国際空港は、バンコク・エアウェイズが所有している空港

サムイ島は、タイで3番目に大きな島ながら、条例により環境に配慮した開発が定められているため、大自然と調和した、大人の高級リゾートとして有名な島です。島は、ココナッツの木で全島が覆われていることから「ココナッツ・アイランド」とも呼ばれています。

samui_map

サムイ島の入口であるサムイ国際空港は、バンコク・エアウェイズが所有している空港で、ほぼ独占的に使用しています。ターミナルは、自然の風や太陽光を取り入れた建物となっており、植物や木々を活用して空港内を分割しているつくりのため、南国リゾート気分を満喫できる施設となっています。サテライトから飛行機までオープンエアなトロリーで送迎するのも小さな空港ならではの楽しみといえます。

2014_04050042

サムイ島で最も観光客が集まる賑やかなエリア、チャウエンはサムイ空港から車で10分の距離。美しい砂浜が7km続くチャウエン・ビーチの通り沿いには、高級リゾートホテルから格安のバンガロー等様々なタイプの宿泊施設が立ち並んでいます。

2015_0710p006

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

プラユット首相 政治活動禁止令に消極的姿勢

憲法裁判所が6月5日に下院議員選挙法に合憲判断を示したことで、総選挙が来年2月に実施される可能性が高まった。このため、政党からは選挙運動を自由に行うことができるよう政治活動禁止令の撤廃を求める声が強まっているが、プラユット首相は6日、近い将来の政治活動解禁に否定的な見方を示した。

同首相によれば、まだ政治対立は解消されておらず、現時点で政治活動を全面的に解禁することはできないとのことだ。
(バンコク週報 2018年6月7日)

20171115

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

パタヤ 治安対策強化作戦がスタート

タイの観光リゾートである東部チョンブリ県パタヤで6月6日、「犯罪を一掃してパタヤを住みやすい街にする」と銘打った作戦が警察や軍によって開始された。

8日と9日に開催される「パタヤ国際花火フェスティバル」に呼応したもので、11日まで続けられる予定だ。
(バンコク週報 2018年6月7日)

2016_09240001          (photo by 絵夢座)

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

ビーコンとラッピングカーが連携した情報配信サービス、タイで開始へ

スイッチスマイルは、タイでラッピングカー広告ネットワーク事業を展開するFLARE社と業務提携し、ラッピングカーとビーコンを連携した情報配信サービスを開始すると発表した。

サービス開始に先駆け、統合位置情報サービス「ピナブル」とFLARE社が運用するラッピングカー事業にて、動体からのビーコンによる実証実験を実施。ラッピングカーに搭載されたビーコンから発信されるBluethoothを歩道にいる人だけなく、ビル内にいる人や、歩道橋にいる人にも通常の運転速度で受信できることを確認した。

新サービス開始により、ユーザーのスマートフォンに入っているアプリやSNSアプリに対して、ピンポイントで情報を配信。自社の既顧客が主要ポイントを通過したタイミングで、自店舗への呼び込み広告を配信したり、ビーコンを利用した実店舗へのリターゲティング広告に活用できる。なお、ピナブルの機能により同じ情報を配信する車が通過しても、同じ情報が重複されることはない。

またFLAREが保有する6000台のラッピングカーの走行データとピナブルが持つ情報配信のコンバージョンデータを組み合わせることで、ラッピングカー走行やビーコンによる情報発信の地域による効果を分析、より効果的な走行および情報配信につなげていくことができる。
(newsclip.be 2018年6月6日 23時01分)

2011_08260065

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

4割が「W杯でサッカー賭博する」 タイ商業会議所大学調査

タイ商業会議所大学が5月28日~6月2日にタイ国内で実施したサッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会に関するアンケート調査で、「W杯ロシア大会の試合でサッカー賭博をするか」との質問に42.3%が「する」と回答した。

1試合の賭け金は「100バーツ以下」が11.1%、
「101~500バーツ」21.2%、
「501~1000バーツ」30.2%、
「1001~5000バーツ」35.9%、
「5001~1万バーツ」0.8%、
「1万1~5万バーツ」0.6%、
「5万1バーツ以上」0.2%だった。

「応援するチーム」は「ドイツ」が14.4%で1位。
2位「スペイン」9.8%、
3位「英国」9.2%、
4位「アルゼンチン」7.8%、
5位「ブラジル」7.4%だった。
(newsclip.be 2018年6月6日 23時02分)

2014_01040001

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。