スラウォンなどで「不良外国人」取り締まり 107人逮捕

タイ警察は「不良外国人」取り締まりの第15弾として、21日から22日未明にかけ、バンコク都内のスラウォン通りなど国内の83カ所で手入れを実施し、不法滞在などで外国人107人を逮捕した。

逮捕者の内訳は不法滞在がミャンマー人5人、ドイツ人、ロシア人、英国人各1人など11人、不法入国がミャンマー人59人、米国人、スウェーデン人、中国人各1人など92人、その他4人。
(newsclip.be 2018年6月24日 22時41分)

2014_10230145s

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

広告

トラックにパイプ爆弾41個、路上検問で押収 タイ深南部

タイ治安当局は21日深夜、タイ深南部ナラティワート県で実施した路上検問で、ピックアップトラックに積まれたパイプ爆弾41個、時限起爆装置などを押収し、ピックアップトラックを運転していた同県出身のイスラム教徒のタイ人男(39)を逮捕した。

当局は深南部のマレー系イスラム過激派組織との関連を調べている。

タイ深南部は住民の大半がマレー語方言を話すイスラム教徒で、一部がタイからの分離独立を掲げて過激化し、タイ当局との武装抗争を続けている。2004年以降、1万6000件を超えるテロが発生し、6700人以上が死亡した。
(newsclip.be 2018年6月24日 22時40分)

20171128

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

タイ政府、大工など12業種で外国人就労解禁

タイ政府は外国人の就労を禁じている39職種のうち12職種について、7月から就労を認める。6月21日の外国人労働政策委員会会合(委員長、アドゥン労相)で承認した。

肉体労働については無条件で就労を認める。
・農業、畜産業、林業、漁業
・石工、大工
・寝具職人
・刃物職人
・靴職人
・帽子職人
・服職人
・陶工
―については被雇用者であることなどを条件に就労を認める。

外国との条約に基づき条件付きで就労を認めるのは、
・会計に関する監査、経理
・土木エンジニアリングに関する設計、計算、分析、検査、監督
・建築に関する設計、図面作成、価格見積、施工管理―。

理容師、美容師、ガイド、店員などはこれまで通り外国人の就労を禁じる。

今回の決定については、外国人の店員、ネイリストなどを雇っているタイ人店主から批判の声が上がっている。店主らは「外国人店員がいなければ商売がなりたたない」、「ネイリストをやりたがるタイ人は少ない」などとして、就労を解禁するよう求めている。
(newsclip.be 2018年6月24日 22時40分)

2015_0711n031

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

ネットで高級腕時計偽造品販売、バンコクでシンガポール人男逮捕

タイ警察は20日、バンコク都ジャトゥジャク区のアパートで、「パテックフィリップ」、「オメガ」などの偽ブランド品の腕時計22個、拳銃1丁と銃弾10発などを押収し、住人のシンガポール人の男(28)を商標権侵害、銃器不法所持などの容疑で逮捕した。

フェイスブックを通じ、偽ブランド品の腕時計を販売した疑い。

容疑者は取り調べに対し、中国から偽ブランド品を仕入れ販売したことを認めた。
(newsclip.be 2018年6月24日 22時39分)

20180517

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

タイのお土産に石鹸はどうですか?

タイのお土産と言えば、ドライフルーツと、お菓子、多少値が張るものではシルク製品となるのが一般的ではないでしょうか。

訪タイするたびにいろいろな商品を購入してみましたが、特に喜ばれたものが石鹸です。

「何故お土産に石鹸?」とお思いの方もいらっしゃると思いますが、その当時ノニ石鹸が人気ということもありましたが、日用品ならもらった人も困らないだろうとの考えでした。

持ち帰りの際に嵩張るのとバッグが重くなるのが難ですが、喜ばれるお土産品だと思います。お薦めいたします。

2014_10220187s

2014_10220188s

2014_10220189s

2014_10220190s

2014_10220192s

※タイのスーパーでは、美容専門店並みにノニ石鹸やマンゴスチン石鹸など様々な種類が販売されていて、その度に今まで購入したことのない石鹸を多数購入していました。

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。