タイ観光で一番の問題はタクシー、2018年に逮捕された悪徳タクシー運転手は1万2千人超え

The Nationによるとタイ観光警察は2019年1月3日、悪徳タクシーから不法エンタテイメント施設まで、2018年1月から10月にかけて、数千件の取り締まり行ったと明らかにしました。

タイ観光産業においてもっとも問題なのはタクシーで、乗車拒否や高額請求等で逮捕されたタクシー運転手が12,679人にも及んでいます。

その内訳は乗車拒否が5,668人、メーター不使用が3,408人、高額請求が1,659人などとなっています。これだけ多くのタクシー運転手が逮捕されているにも関わらず、タクシー運転手の悪徳行為は減ることなく、改善されている様子は全く見られません。

さらにタイ観光警察は、無許可観光ガイド1,581人、不法外国人観光ガイドの同行者が390人、低品質のツアーオペレーター6,333人、観光客に不当に高額商品を販売した商人26人などを逮捕しています。
(タイランドニュース 2019年1月3日)

2011_08270091
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の8つの海外ホテル予約サイトを比較!

広告

日本人男性がタクシーでバンコク空港へ、トランクに現金200万円など置き忘れる

タクシーに大金を忘れた日本人男性、安堵です。

2018年10月26日早朝、キンケーオ通りからタクシーに乗った日本人男性のTさん(55歳)は帰国のため、バンコクの空の玄関スワンナプーム空港へ向かいました。

滞りなく旅客ターミナルに到着し降車したのですが、タクシーが走り去ったところでTさんは気づきました。なんと荷物をタクシーのトランクに積んだまま忘れてしまったのです。忘れた荷物はルイヴィトンとシャネルのバッグ。その中には現金200万円とノートパソコン等が入っていました。

通報を受けた警察は捜索を開始。空港の監視カメラにタクシーが到着してから去るまでの一部始終が映っており、すぐにタクシーを特定することが出来ました。

連絡を受けたタクシー運転手の男性はすぐにスワンナプーム空港に戻り、Tさんは荷物を無事取り戻すことが出来たのです。なおTさんはさんは、その日午前9時の便で帰国しました。
(タイランドニュース 2018年10月28日)

2015_07150046
■海外のホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?

メーター使用拒否で罰金1000バーツ タイ王宮周辺などのタクシー3台

タイ当局は15日、バンコク都内で乗客を乗せ走行した際にメーターの使用を拒否したとして、タクシー運転手の男性3人(48、41、37)にそれぞれ罰金1000バーツ、免許停止1カ月の処分を下したと発表した。

タイ人の若者2人が外国人旅行者を装いバンコクの王宮前や中華街などでタクシーに乗車し、運転手の対応をスマートフォンで撮影、ユーチューブに投稿した。2人は3度タクシーを利用したが、運転手はいずれもメーター使用を拒否し、運賃として通常より高い金額を要求した。

王宮周辺などで営業するタクシー、トゥクトゥク(オート三輪タクシー)は運賃のぼったくり、宝石店や紳士服店などとぐるになった詐欺などで悪名高い。警察は散発的に手入れを行っているが、状況は過去20年以上改善していない。
(newsclip.be 2018年10月17日 16時15分)

2015_02110080
■海外のホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?

「運転面倒」で乗客下ろす バンコクのタクシー運転手に罰金

タイ運輸省陸運局は18日、タクシー運転手のタイ人男性に対し、乗客を目的地に送り届けなかった上、不適切な言動があったとして、3000バーツの罰金を科し、タクシーサービスに関する3時間の講習を受講させたと発表した。

男性は今月15日夜、バンコク都内で自分が運転するタクシーにタイ人女性2人を乗せ、目的地のエカマイ通りに向かったが、途中で「面倒だ。行かない」と言って、乗客を下車させた。乗客が抗議すると、「なにか文句があるのか」などと言い、人差し指を突きつけるなどした。乗客が男性の言動をスマートフォンで撮影、インターネットの交流サイト(SNS)に投稿したことから、陸運局が処分に動いた。
(newsclip.be 2018年9月18日 12時30分)

2014_04080171
■海外のホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?

タクシーのBGMは「お経」!バンコクの渋滞にハマった1時間半、延々と流れる

バンコクでタクシーに乗車。その日は、それはそれは酷い渋滞でした。確かに夕方6時頃は道路が混雑する時間ですが、この日は土曜日。「大した渋滞にはならないだろう」という勝手な予想は見事にハズレ、わずか10キロほどの距離に1時間半以上を費やすことになったのです。

タイのタクシーは爆音でルークトゥン(タイの歌謡曲、演歌)が流れていたり、乗客そっちのけで運転手さんの趣味の音楽がBGMになっていることが多いですが、この日のBGMはなんと「お経」。乗車していた1時間半の間、延々とお経を聞き続けることになったのです…。よく眠れました(笑)。

ご存知の通り、タイは仏教の国。実に国民の約95%が仏教徒なんだそうです。
(タイランドニュース 2018年9月9日)

2014_04060196
■海外のホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?