タムルアン洞窟前で仏教式典 全員救出に感謝

タイ北部チェンライ県で7月16日、メサイ郡のタムルアン洞窟から少年ら13人全員が無事救出されたことに感謝する仏教式典が洞窟入り口前で執り行なわれた。僧侶28人によるこの式典には地元住民など数百人が参加した。

なお、洞窟は内部の修繕などが必要なことから17日から一般人は立ち入り禁止とされている。
(バンコク週報 2018年7月17日)

20171115
個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

サッカー少年が救出された洞窟は魔窟? ! 地元に伝わる迷信は警告だった

2018年7月10日、行方不明となってから18日目に全員が救出された13人のサッカー少年らには、タイのみならず全世界が歓喜した。これまでに報道された中では、このタムルアン洞窟にまつわる言い伝えも報じられ、その話がまさにこうした事態を防ぐための警告だったのではないかと話題になっている。

タムルアン洞窟は、正確にはタムルアン・クンナームナーンノーンとされており、「眠れる姫の洞窟」という意味を持つ。この名は、次のような言い伝えによって名付けられたという。

遥か昔、この地に君臨した王様の姫が、厳しい階級制度の掟を破って、平民の男と恋に落ちた。身籠った姫に激怒した王が、男を処刑。絶望した姫は自害し、その血がメーサイ川となり、身体は山となった。洞窟はちょうど、その秘部にあたるという。その為、中に入る際には必ず祈りを捧げないと、洪水となり殺されてしまう。

この話は、今でも年長者を中心に信じられており、子ども達にも伝え言い聞かせているというが、今時の子ども達の中には信じようとしない子が増えていたという。熱心な仏教徒であるタイの人々は、こうしたアミニズム的な言い伝えも深く信じているが、若い世代には薄れつつある。しかし、今回の一件をきっかけに昔からの言い伝えには、必ず何かの意味があるということを思い知ったようだ。

タム(洞窟という意味)という言葉は、女性器を表す隠語としても使われているが、決して良い意味では使われていない。
(GLOBAL NEWS ASIA 2018年7月12日 09時15分)

2007_05050043

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。