観光業低迷のチェンマイ 三輪タクシーは収入半減

タイ北部のチェンマイ県は観光スポットの多いことで知られているが、同県ではこのところ観光業が低迷し、三輪車タクシーのトゥクトゥク(サムロー)をリースしている業者の中にはトゥクトゥクを売却しようとしている者もいるという。

トゥクトゥクを41台保有するある業者によれば、運転手はトゥクトゥクを借りてタクシーサービスを提供して料金を得て、その中から賃料を払っているが、購入を望む運転手がいればトゥクトゥクを売却する用意があるという。

チェンマイではトゥクトゥクのタクシーサービスを利用する旅行者が激減しているが、その原因は中国人観光客が大幅に減ったことが最大の要因という。ある運転手によれば、収入は以前の半分に減っているという。
(バンコク週報 2018年11月8日)

2007_05050037
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?お薦めの8つの海外ホテル予約サイトを比較!

タイの古都アユタヤでトゥクトゥクラリー開催

タイ中部、世界遺産の街アユタヤで2018年8月18日(土)・19日(日)の二日間、タイのタクシー・トゥクトゥクラリーを開催します。

トゥクトゥクラリーには参加費用1000バーツで250チームが参加可能。なおチームのうち少なくとも1人は、アユタヤ時代に衣装を着用することが必要です。
(タイランドニュース 2018年8月1日)

2007_05010008          (photo by 絵夢座)

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

バンコク王宮周辺で悪徳なタクシーとトゥクトゥクの運転手らを大量摘発

バンコク観光のハイライトでもある王宮周辺。エメラルド寺院として知られるワット・プラケオや巨大涅槃仏のあるワット・ポーなどがあり、毎日毎日それはそれは多くの外国人観光客が訪れます。そんな王宮周辺にはなんとかして「タイのことをよく知らない外国人観光客」からお金を取ろう、という悪い人も多く集まって来るのです。

特に悪特なタクシーやトゥクゥクは有名です。お店からの手数料目当てに観光客を(時には騙して)宝石店やスーツ店に連れて行ったり、チャオプラヤー川のボートに高額で乗せたり、相場より遥かに高額な運賃を請求したり、もっとも悪質になると脅迫を行ったりと形態は様々。

そんな中、タイ観光警察は2018年6月17日、王宮周辺にて観光に悪影響を与えた者たちを摘発したと発表しました。報道によると、滴発されたタクシーやトゥクゥクの運転手は87人。

タイ観光警察は市民に対して、悪徳タクシーやトゥクゥクに出会ったら、車内のライセンスカード等を撮影して記録し、タイ観光警察ホットライン「1155」まで通報するように呼びかけています。
(タイランドニュース 2018年6月17日)

2015_02110082

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

トゥクトゥク(三輪タクシー)の話

トゥクトゥクの由来には諸説あり排気音がトゥクトゥクと音を立てているから「トゥクトゥク」という説が有力視されています。

タイ旅行の思い出として乗車するには良いと思いますが、決して快適な乗り物ではありません。
走っているときは爽快ですが、停止した際の熱気や車の排気ガスに気分が悪くなります。
トゥクトゥクにはメーターがないので、運賃は運転手との交渉になりますが、タイ語が話せない外国人は必ず吹っ掛けられます。メータータクシーの運賃以上になる事間違いなし。

ルーフの裏側には、ドラえもんが!注意してみると結構面白いものを発見できます。

2007_05050037

2011_08260228

2011_08260229

トゥクトゥク乗車動画は、コチラ

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。