バンコク・トンロー地区の遊興施設従業員にワクチン接種へ

アサウィン・バンコク都知事は4月6日、ワタナ区トンロー地区で新型コロナの集団感染が起きており、同地区の遊興施設で感染が拡大したとみられることから、都庁がこれら施設の従業員約2100人を対象にワクチンを接種するプランを進めていると明らかにした。中国シノバック社製ワクチン4200回分を確保済みで、すでに接種初日の6日、300人に接種したとのことだ。

接種はセーンティップ・スポーツグラウンドなどを会場に9日まで行われる予定。また、トンロー警察署の警察官約300人とワタナ区役所の職員約100人については警察病院でのワクチン接種が予定されている。

(バンコク週報 2021年4月7日)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

バンコク・トンローで詐欺被害が続発、日本大使館が注意喚起

バンコクのトンロー地区で、日本人が被害に遭う被害が続発しているようです。在タイ日本国大使館が注意喚起をしています。
【注意喚起】バンコク都内(トンロー地区)における詐欺被害の発生について

・8月中、首都バンコクのトンロー地区において、台湾人を自称する人物が、邦人男性に「パタヤからバンコクへの移動中、財布や旅券をなくして困っている。5万バーツ貸して欲しい。」等と英語と片言の日本語で声を掛け、現金を口座から引き出させ、だまし取る詐欺事案が続発しています。

・同種事案は、過去にも在留邦人の方や旅行者の方を対象に度々発生しており、中には100万バーツの被害に遭われた方もいました。

※同種事案は、今後も発生することが懸念されますので、皆様におかれましては、昼夜を問わず、見知らぬ人物から声を掛けられても、決して油断することなく、特に見知らぬ相手が金銭的支援を求めてくる等、不審な言動があれば、相手の要望に応じることなく直ちにその場を立ち去るなどして被害防止に努めてください。

・数年前から首都バンコクの至るところ、特にトンロー地区、スクンビット通り沿い、シーロム地区、サートーン地区で邦人の方が、台湾人を名乗る人物から声をかけられ、現金をだまし取られる事案が度々発生していますが、最近再び同様の事案が増えており、当館にも被害相談が多く寄せられています。

・最近の具体的な手口の一例として、自称台湾人、30歳後半から40歳位、チェンマイ在住、医師やレントゲン技師を装う人物(見た目は女性)が、トンロー地区において、一人で歩いている邦人男性に英語と片言の日本語を用いて、「パタヤからバンコクへのバスでの移動中に財布や旅券等を紛失して困っている。」、「旅券の再発行代等を含め、5万バーツ貸して欲しい。」、「自身の台湾の銀行から、借用した現金をあなたの口座に振り込むので、口座番号を教えて欲しい。」、「台湾の銀行からあなたの口座にお金を振り込みたいが、振り込みの最小額は、2000ユーロと決まっているので、追加として先に残り24000千バーツほど振り込んで欲しい。」等と申し向け、現金をATMで引き出させたり、自身の口座へ振り込ませる等させ、お金をだまし取るものです。

・犯人は、被害者とのやりとりの最中、連絡先や通信アプリ「LINE」を交換したり、自身の通帳を見せるなどして、相手を信用させるものですが、現金を貸し与えた後も、「さらに現金が必要である。」等と執拗にお金を要求してくるなどの特徴も見られます。

(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館領事部
電話:(66-2)207-8500、696-3000
FAX:(66-2)207-8511
所在地: 177 Witthayu Road, Lumphini, Pathum Wan, Bangkok 10330
(ウィタユ通り、ルンピニー警察署とMRTルンピニー駅のほぼ中間)

(タイランドニュース 2020年9月1日)

2010_05020065

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

水タバコを提供していたバンコクのパブを摘発、タイで水タバコは違法

タイ警察トンロー署は2019年11月16日未明、バンコク・スクンビット通りのパブを急襲し、60個の水パイプを押収しました。

今回の摘発はトンロー署が、スクンビット地区のパブが違法の水パイプを外国人観光客やタイ人客に提供しているという情報を得て、特別調査チームと共に実施されたもの。急襲時、客が合わせて26個の水タバコを使用しており、さらに34個の水パイプが見つかったとのこと。

なお摘発されたバブでは、水タバコのサービスで一晩10万バーツを売り上げていました。

タイでは電子タバコ、加熱式タバコとともに水タバコは違法。違反者は、3年以下の懲役か60万バーツ以下の罰金、またはその双方が科されます。
タイ王国商務省告示
水タバコ・水タバコ用煙草の葉・植物及び電子タバコをタイ王国への輸入禁止品と定める
B.E.2557 年(2014年)

国民の健康、衛生、社会、安全保障、治安及び公徳を保つために、水タバコ・水タバコ 用煙草の葉・植物及び電子タバコをタイ王国への輸入禁止品と定める。
タイ王国商務省輸出入管理法(B.E. 2522(1979年))第5条及び第 25 条に基づき、次のよ うに定める。

1. 本告示を「B.E.2557 年(2014年)水タバコ・水タバコ用煙草の葉・植物及び電子タバコをタイ王国への輸入禁止品と定めるタイ王国商務省告示」と呼ぶ。

2. 本告示は、認書発布日の翌日から施行する。

3. 本告示において、「水タバコ」とは、輸出入統計品目番号 9614.00.90 と定められたアラブ諸国の喫 煙具で、煙草成分の有無に関わらず煙草の葉、植物、発酵植物、植物エキス等を熱 し、発生した煙を容器中の水を通し吸入する器具又はそれに類似する器具をいう。 また、輸出入統計品目番号 2403.11.00 と定められた煙草成分を有する植物、発酵 植物、植物エキス等、水タバコ器具内で煙を発生させる物を含む。
「電子タバコ」とは、輸出入統計品目番号 8543.70.90 と定められた電動のタバコ型水蒸気吸入器具で、タバコ煙のような水蒸気を発生させて吸入する器具をいう。

4. 水タバコ及び電子タバコをタイ王国への輸入禁止品と定める。
水タバコ及び電子タバコ吸入時、器具内で煙又は水蒸気を発生させる煙草の葉、植 物、発酵植物、植物エキス等をタイ王国への輸入禁止品と定める。

2014年12月12日
チャットチャイ・サリカラヤ
タイ王国商務大臣

(タイランドニュース 2019年11月17日)

2009_05030041
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

ラーメン「一風堂」 トンローのJアベニューにバー併設店

力の源ホールディングス(福岡市)が展開するラーメン店「一風堂」のタイ9号店が21日、バンコク都内トンロー通りの商業施設「Jアベニュー」で開店した。

席数40。バーを併設し、ラーメンのほか、日本酒や梅酒、ウィスキー、「一風堂ニューヨーク」のカクテルなどを提供する。
(newsclip.be 2018年6月22日 15時13分)

■タイでは日本食が人気で様々な料理店が進出しています。BTSプロンポン駅に隣接したデパート「エンポリウム」の4階フロアにある「一風堂エンポリウム店」に入ったときの写真をご紹介。

2015_07130041

2015_07130037

2015_07130040

2015_07130039

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。