タイでバイクのヘルメット未着用を取締り バイクの無免許運転も対象

タイ交通省によると、2019年の新年の連休では安全確保のため、特にバイクのヘルメット未着用、運転免許証不携帯を厳格に取り締まるよう、関係各所に通達している。

今年のソンクラーンでは観光地でのバイクの事故が多く、特にチェンマイやプーケット、サムイなどで起こっている。

レンタカーでバイクを借りる際は、その多くが免許証がない、と指摘しており、外国人観光客もタイ人も、レンタルするときは店側も運転免許証、ヘルメットを確認し、もし運転免許証がなくて、レンタルしている店があるなら、取り締まりの対象となり、罰則は重い、と指摘している。
(DIGIMA NEWS 2019年1月10日)

2014_04090009
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の8つの海外ホテル予約サイトを比較!
http://www.kate-bangkok.com/hotel_booking.html

バイクの歩道走行 バンコク都庁が罰金を倍増へ

バンコク都内で歩道を走行していたオートバイが女子中学生をはねて負傷させる事故が起きたことを受けて、バンコク都庁はオートバイの歩道走行に対する罰金を12月から現行の2倍の1000バーツに引き上げることを決めた。サコンティー副都知事が11月28日、明らかにした。

都庁では今年5月からオートバイの歩道走行を厳しく取り締まっているものの、違反がなかなかなくならないのが現状。このため、罰則が強化され、取り締まりもさらに強化されることになった。
(バンコク週報 2018年11月29日)

2014_04080040
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?お薦めの8つの海外ホテル予約サイトを比較!

タイ郵便局、配達用新型バイク100台を公開

郵便サービスを行うタイランドポスト社は2018年6月13日、新型の配達用オートバイ100台を公開しました。

新型の配達用オートバイは、eコマースの需要拡大に対応するためのもので、安全に商品を届けるため、148リットルのファイバーグラスプラスチック製の箱に2個の防水サイドバッグが取り付けられています。

なおこれらは、7月よりバンコクで運用開始になります。
(タイランドニュース 2018年6月14日)

2009_11060025

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。