バンコクエアウェイズ、OAG定時運航率評価で5ツ星認定

バンコクエアウェイズは、オフィシャル・エアライン・ガイド(Official Airline Guide:OAG)が2018年6月から2019年5月までのフライトを対象に測定した航空会社の定時運航率格付けランキングで、5ツ星を獲得しました。

対象期間中のバンコクエアウェイズの定時運航率は87.4%で、航空会社の総合ランキングで9位にランクインしています。また、バンコクエアウェイズが管理するサムイ国際空港も、定時運航率88.5%で5ツ星認定を受けています。

タイの航空会社として、またタイの空港で、5ツ星認定を受けているのは、バンコクエアウェイズとサムイ国際空港のみとなっています。
期日: 2018/06/01 ~ 2019/05/31
(Fly Team 2019年7月15日 09時55分)

2014_04060077
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

広告

バンコクエアウェイズ、6月10日搭乗分から超過手荷物料金を値上げ

バンコクエアウェイズは2019年6月10日(月)搭乗分から、受託手荷物の超過手荷物料金を値上げしました。

タイ国内線では、超過1キログラム1区間につき、これまで90タイバーツでしたが、新料金は180タイバーツと倍額になります。タイ発着の国際線はカンボジア、マレーシア、シンガポール間などが8タイバーツから11タイバーツ、香港、インドネシア、フィリピン間などは11タイバーツから14タイバーツにそれぞれ3タイバーツから4タイバーツの値上げとなります。日本/タイ間は16タイバーツから20タイバーツと、4タイバーツの値上げです。

なお、無料受託手荷物許容量に変更はなく、エコノミークラスは大人と子どもが20キログラムまで、幼児は10キログラムまで、ビジネスクラスは大人と子どもが40キログラムまで、幼児は10キログラムまでです。個数制限はありませんが、受託手荷物1個あたり最大32キログラムまでとなっています。
期日: 2019/06/10から
(Fly Team 2019年6月12日 15時55分)

2014_10250062s
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

バンコクエアウェイズ、サーフボードの預入が無料に 12月末まで

バンコクエアウェイズは2019年5月1日(水)から12月末まで、「サーフ・オン・ボード(Surf On Board)」キャンペーンを実施しています。

ATR以外で運航される全てのフライトにおいて、通常の受託手荷物に加えて、1人1枚までサーフボードの預け入れ手数料が無料となります。なお、サーフボードは、保護のため、バッグなどに収納または覆っておく必要があります。

旅行を目的とした搭乗者のみが利用できるサービスで、利用を希望する場合、バンコクエアウェイズのコールセンター、またはeメールで事前予約が必要です。なお、バンコクエアウェイズは、サーフボードを預け入れる搭乗者に、旅行保険「プロテクティブ・ウィング(Protective Wing)」への加入も勧めています。
期日: 2019/05/01 ~ 2019/12/31
(Fly Team 2019年5月10日 17時35分)

2014_04050045
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

バンコクエアウェイズ、5月15日搭乗分から超過手荷物料金を値上げ

バンコクエアウェイズは2019年5月15日(水)搭乗分から、受託手荷物の超過手荷物料金を値上げします。

タイ国内線では、これまで90タイバーツでしたが、新料金は180タイバーツと倍額になります。タイ発着の国際線はカンボジア、マレーシア、シンガポール間などが8米ドルから11米ドル、香港、インドネシア、フィリピン間などは11米ドルから14米ドルにそれぞれ3米ドルから4米ドル値上げとなります。このうち、日本/タイ間は16米ドルから20米ドルと、4米ドルの値上げです。

なお、無料受託手荷物許容量には変更なく、エコノミークラスは大人と子どもが20キログラムまで、幼児は10キログラムまで、ビジネスクラスは大人と子どもが40キログラムまで、幼児は10キログラムまでです。個数制限はありませんが、受託手荷物1個あたり最大32キログラムまでとなっています。
期日: 2019/05/15から
(Fly Team 2019年4月14日 21時10分)

2014_10210037s
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

バンコクエアウェイズ、保有機40機に到達 A319を受領

バンコクエアウェイズは2019年1月18日(金)、同社40機目となるA319を受領しました。機体記号(レジ)「HS-PPU」で、この機体はロイヤル・ヨルダン航空で運航されおり、2008年10月に初飛行し、機齢は11年目です。

バンコクエアウェイズのA319は、エコノミークラス144席仕様で、チェンマイ、プーケット、サムイ、クラビ、ミャンマー、カンボジア、インド、ベトナム発着便に投入されるほか、1月25日(金)から就航するカムラン発着便にも投入されます。

この機体により、バンコクエアウェイズのA319を16機となっており、このほかA320を9機、ATR-72-600は11機、ATR-72-500は4機保有・運航しています。
(Fly Team 2019年1月18日 22時15分)

2014_04050045
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の8つの海外ホテル予約サイトを比較!