バンコク都内各所で爆弾爆発、爆発物発見、火災発生 負傷者も

8月2日のバンコクは治安当局をあざ笑うかのような事件が連続した。

午前5時から午前7時にかけて、ブラトゥーナム地区で4件の火災が立て続けに起きた。最初の火災はペッブリ通りソイ19の平屋店舗兼倉庫(DDハウス)。その後、インドラホテル地下2カ所、プラトゥーナムマーケットと続いた。

午前8時を過ぎたところで、BTSチョンノンシ―駅周辺で爆弾が爆発。駐車中の車が被害を受けた。その約20分後には同駅に隣接するマハナコンビル周辺でも爆発があり、警備員が軽傷を負った。その後、ラマ9世通りソイ57で爆発が起き、区の清掃職員2人が負傷、病院に搬送されている。

午前9時に入ると今度はチェーンワタナ政府合同庁舎のBビル前の植え込みで時限爆弾が爆発。午前10時にはシーサマン通りの国防事務次官事務所周辺でも爆発が起きたが、ともに負傷者は出ていない。

午後にはBTSサラデン駅で黒い小箱の置かれているのが発見され、周辺を一部立ち入り禁止として爆発物処理班が対処。その結果、タマリンドの種とティッシュペーパーの入っているのが確認され、現在、監視カメラでこの小箱を置いた人物の特定を行っている。
このほか、エアポートレールリンク(空港線)のフアマーク駅でも怪しいバッグが確認されている。

前日の1日にはタイ警察本部にニセ爆弾が仕掛けられた。容疑者はその後、モーチットバスターミナルで着替え、長距離バスでタイ南部ハートヤイへ向かったが、途中の検問所で身柄を拘束された。現在、治安当局では2日の事件との関連性を調べているところだ。

なお、バンコク都内7カ所(ラチャプラソン交差点、サイアムスクエア、戦勝記念塔周辺、民主記念塔周辺、高架鉄道・地下鉄全線および全駅、フアランポン駅、全バスターミナル)が特別警戒エリアに指定されたとの報道があったが、治安当局はこれを否定している。
(バンコク週報 2019年8月2日)

20180419
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

広告

週末はバンコク等での反政府政治集会に注意

在タイ日本国大使館は、週末に開催される予定の反政府系グループによる政治集会について、注意喚起を行っています。

◆バンコク等における政治集会予定(2月2日(土)・3日(日))

インターネット上の情報によると、2月2日(土)及び3日(日)、反政府系グループが政治集会を行うとの情報があります。開催場所及び時間は以下のとおりです。

(1)2月2日(土)18時頃から、首都バンコクのラチャプラソン交差点
(2)2月3日(日)10時頃から12時頃、ノンタブリー県ジェーンシリサンパン寺院
(3)2月3日(日)13時頃から、首都バンコクのタマサート大学構内
(4)2月3日(日)15時頃から17時頃、首都バンコクのラチャプラソン交差点

つきましては、在留邦人及び旅行者の皆様におかれましては、不測の事態に巻き込まれることのないよう、最新の関連情報の入手に努めてください。また,集会の主催者や参加者と別の集会の参加者の間でトラブルが発生する可能性も排除されませんので、可能な限り政治集会には近づかない等、安全確保に十分注意を払って下さい。

(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館領事部
電話:(66-2)207-8500,696-3000
FAX :(66-2)207-8511
所在地: 177 Witthayu Road, Lumphini, Pathum Wan, Bangkok 10330
(ウィタユ通り、ルンピニー警察署とMRTルンピニー駅のほぼ中間)

(タイランドニュース 2019年1月30日)

20180122
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の8つの海外ホテル予約サイトを比較!

スワンナプーム空港からバンコク都内へ 旅行者向けバス運行

バンコク東郊のスワンナプーム空港とバンコク都内の観光地、繁華街を結ぶバス「Airport LimoBus Express」の運行が12日に始まった。

2路線で、停留所はカオサン地区のバンチャートホテル前、シーロム・ソイ4など7カ所。スワンナプーム空港からは午前5時45分から午前1時まで、20~30分おきに運行する。
(newsclip.be 2018年11月13日 14時57分)

20171118
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?お薦めの8つの海外ホテル予約サイトを比較!

タイ国際航空、新千歳/バンコク線を増便 12月から週10便体制に

タイ国際航空は2018年12月2日(日)から、新千歳/バンコク線を増便します。現在、デイリー運航のTG671、TG670便に加え、新千歳発18時のTG681便、バンコク発8時のTG680便と、既存便と異なる時間帯で運航し、多様なニーズに対応します。増便は火、木、日の週3便で運航します。

新千歳/バンコク線は、タイと日本の双方を出発する堅調な観光需要に支えられて、12月以降はさらに需要の拡大が見込まれるとして、今回の増便となりました。

スケジュールは新千歳発TG681便が18時、バンコク着が23時50分、復路のバンコク発TG680便は8時、新千歳着は16時25分です。デイリー、増便とも機材は、ロイヤルシルククラス34席、エコノミークラス330席の777-300を使用します。

詳しいスケジュールは、タイ国際航空のウェブサイト、または下記の路線・就航都市ページ一覧から「時刻表」を参照ください。

■新千歳/バンコク線スケジュール
TG681便 新千歳 18:00 / バンコク 23:50(火、木、日)
TG680便 バンコク 8:00 / 新千歳 16:25 (火、木、日)
TG671便 新千歳10:00 / バンコク 15:50 (デイリー)
TG670便 バンコク 23:55 / 新千歳 8:20(+1) (デイリー)

期日: 2018/12/02から
(Fly Team 2018年9月21日 17時00分)

2015_02080026
■海外のホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?

タイ警察、「20回目の不良外国人」一斉取り締まり

タイ警察は9日から10日未明にかけ、バンコク都内の旅行者街カオサン通りなどタイ国内の75カ所で「不良外国人」の一斉取り締まりを実施し、不法滞在などで外国人69人を逮捕した。タイ警察による「不良外国人」一斉取り締まりは今回で20回目。

逮捕者の内訳は不法滞在がドイツ人、オーストラリア人、フィンランド人、ウズベキスタン人各1人など計11人、不法入国がミャンマー人23人、インド人9人など計46人、その他12人。

このうち東部チョンブリ県で不法滞在で逮捕されたウズベキスタン人の女(40)は不法滞在期間が2002日に及んでいた。
(newsclip.be 2018年8月12日 23時26分)

2016_09270004          (photo by 絵夢座)

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。