バンコク都市鉄道MRTが運賃割引の30日パスを発売、2021年3月1日より

タイ高速度交通公社( Mass Rapid Transit Authority of Thailand:MRTA)のパカポン・シリカンタラマース総裁は2021年1月20日、MRTブルーラインとパープルラインで運賃割引が適用される30日間有効のパスを発売すると明らかにしました。MRTA理事会で承認され、 3月1日より発売となります。

ブルーラインパスの料金は、15回乗車で450バーツ、25回乗車で700バーツ、40回乗車で1,040バーツ、50回乗車で1,250バーツです。

ブルーラインとパープルラインを接続して利用するのに適したマルチラインパスの料金は、15回乗車810バーツ、25回乗車1,300バーツ、40回乗車2,000バーツ、50回乗車2,250バーツです。

両路線の最高運賃は通常70バーツ。しかしパスを使用すると、運賃は54バーツに減額されます。
(タイランドニュース 2021年1月23日)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

バンコクの「ゴールドライン」 16日から運賃15バーツ徴収

ゴムタイヤ式無人車両が専用軌道上を走行する自動案内軌条式旅客輸送システム(AGT)のバンコク初の路線「ゴールドライン」(第1期区間)で16日から運賃の徴収が始まる。全線一律で15バーツ。

「ゴールドライン」は高架鉄道BTS(都市鉄道グリーンライン)が乗り入れるクルントンブリ駅(G1)からショッピングセンターのアイコンサイアム前(ジャルーンナコン駅=G2)を経てクロンサン区役所前(クロンサン駅=G3)に至る1.7キロ、3駅で、カナダ・ボンバルディアの全自動無人運転車両(APM)が走行する。昨年12月に営業を開始し、運賃無料で運行していた。
(newsclip.be 2021年1月15日 16時39分)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

バンコク、タイ東北などで大気汚染悪化

タイ各地で野焼き、山火事の煙霧によるとみられる大気汚染が悪化している。

タイ天然資源環境省公害管理局によると、14日午後3時時点の空気質指数(AQI)はバンコク首都圏のほぼすべての観測地点で「健康への悪影響が始まる」とされる100を超え、バンコク西郊のサムットサコン市では208と「健康に悪影響がある」とされる200を上回った。

その他の地域のAQIは、
東北部ルーイ市215
コンケン市185
中部サラブリ県チャルームプラキヤット郡206
東部チョンブリ県シラチャー116 ―など 
(newsclip.be 2021年1月14日 15時40分)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

バンコクひんやり 最低気温16度

タイ気象局によると、13日の各地の最低気温はバンコク(ドンムアン空港)16度、東北部ムクダハン市11度、ルーイ市10度だった。

気象局はバンコクの19日までの気温を最低18~22度、最高30~33度と予想している。
(newsclip.be 2021年1月13日 15時25分)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

新規陽性は305人、バンコクで国内感染49人[2021年1月6日発表]

タイCOVID-19状況管理センター<the Centre for Covid-19 Situation Administration:CCSA>は2021年1月7日、新規に新型コロナウイルス陽性の305人が確認されたと発表しました。

新規に確認された305人のうち3人がタイ入国後に隔離検疫を受けている人。

109人が外国人労働者で、193人が国内感染のタイ人ら。バンコクでも49人が確認されています。

2021年1月7日時点でのタイで陽性が確認された人の合計は9636人。 4521が既に回復し、67人が死亡しました。
(タイランドニュース 2021年1月7日)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!