タイ・サムイ島などフェリー運休 台風1号接近で 

台風1号(パブーク)がマレー半島の中央部に接近していることを受け、進路上のタイ南部スラタニ県のマレー半島側、沖合のサムイ島、パンガン島、タオ島などを結ぶ定期船が3日午後から5日午前にかけ運休する。

運休するのはラチャ・フェリー・ポート社、ロムプラヤ・ハイスピード・フェリー社、シートラン・ディスカバリー社などが運航する定期船。

日本の気象庁によると、台風1号は3日午前9時(日本時間)時点で、マレー半島の東沖を西に時速約15キロで進んでいる。中心気圧1002ヘクトパスカル、中心付近の最大瞬間風速は秒速25メートルで、中心から北西側390キロ、南東側220キロが風速15メートル以上の強風域となっている。

4日夜から5日朝にかけ、サムイ島周辺を通過し、スラタニ県もしくは隣県のチュムポン県、ナコンシータマラート県でマレー半島に上陸する見通し。
(newsclip.be 2019年1月3日 10時46分)

2015_0711n002
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の8つの海外ホテル予約サイトを比較!

タイ・サムイ島のフェリーで火災 3人けが

16日正午ごろ、タイ湾のサムイ島からマレー半島のタイ南部スラタニ県ドンサック港に向かっていたラチャフェリーポート社のフェリー「R8」で火災が発生し、乗客2人と乗員1人がけがをした。

エンジンルームで出火し、船内が煙に包まれた。乗員が消火に成功したが、航行できなくなり、ラチャ社の別のフェリーがサムイ島まで曳航した。

ラチャ社のホームページによると、「R8」は全長65メートル、全幅14メートル、1074トン、定員400人で、四輪車48台の積載が可能。
(newsclip.be 2018年11月16日 17時02分)

2015_07100068
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?お薦めの8つの海外ホテル予約サイトを比較!