タイの5つの空港で中国人専用レーンを設置、中国人向けマルチビザも検討

中国人観光客47人の命を奪った2018年7月に発生した海難事故で、タイを訪問する中国人観光客が激減。「タイ離れ」している中国人観光客をタイに呼び戻すために、スワンナプーム、ドンムアン、プーケット、チェンマイ、ハジャイの5つの空港では、中国人専用の入国レーンを設置しました。

中国人専用レーンは、スワンナプームが18、ドンムアンが21、チェンマイが8、プーケットは18、ハジャイが10。また、中国人向けのマルチプルビザの導入も検討中とのこと。
(タイランドニュース 2018年8月4日)

2014_10250052s
個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

プーケット空港、国内線ターミナル拡張工事完了

タイ南部プーケット島の国内線ターミナルの拡張工事が終了し、25日、開業式典が行われた。

国内線ターミナルは地上3階、延床面積約3万平方メートルで、チェックインカウンター66カ所、エックス線検査装置7台などを備える。

拡張工事の完了で、プーケット空港の旅客処理能力は年1250万人になった。
(newsclip.be 2018年6月25日 20時40分)

2014_10250053s

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

プーケット国際空港

2016年9月16日、プーケット国際空港では新たな国際線ターミナルが利用開始されました。国際線ターミナルは今までのターミナルの南側に位置し、今まで利用されていた北側のターミナルはタイ国内線専用となりました。なお、新ターミナルは、年間500万人の旅客に対応し、国内線、国際線の両ターミナルで1,250万人に対応。

2014_10250085s

■インターナショナルバッゲージの受取

インターナショナル・バッゲージとして(日本で)、荷物を預けた場合、プーケット国際空港の国際線のバッゲージ・クレーム受け取ることができます。バッゲージ・クレームの場所は、床にある矢印の指示に従えば間違うことはありません。

2015_02080050

2015_02080052

■出発ロビーに入る際にも荷物検査

2階の出発ロビーに入る際に厳重な荷物検査があります。

2015_02100024

2015_02100026

■プーケット空港で利用者から「暑い」との苦情(バンコク週報 2018年5月16日配信記事)

プーケット国際空港の利用者から「暑い」との苦情が多数寄せられている問題で、ペット空港長はこのほど、エアコンが正常に作動していないため国内線ターミナルの気温が上昇していると説明するとともに、3か月以内に状況を改善すると約束した。同ターミナルのエアコンは20~30年前から使用しているものもあり、多くのエアコンが新しいものに取替える必要があるという。

空港長は、「すでに政府に予算を申請している。2、3か月のうちに新しいエアコンが届くはず」と述べている。

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。