タイ東北部 降雨でメコン川の水量が増加するも昨年の半分以下

東南アジアで最長の河川であるメコン川に関する東北部ナコンパノム県からの報道によれば、先の降雨で水量が増加しているものの、水位は昨年同期を下回っており、依然として水不足が懸念されるという。

メコン川は部分的にタイ・ラオス国境をなしており、ナコンパノム県もメコン川がラオスとの国境となっている。

地元当局によれば、先週の降雨でメコン川は水量が増えて水位が4.3メートルになっているものの、昨年同期の水位9~10メートルには及ばない状態とのことだ。
(バンコク週報 2019年8月5日)

2013_07110129          (photo by 絵夢座)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

ルーイ県でメコン川枯渇、上流ラオスにできたダムの影響か

タイ東北部ルーイ県チェンカーン郡で、観光スポットにもなっているメコン川が枯渇しているようだ。

タイ地元紙によると、ここ最近雨が降らなかったことに加えて、今年になって上流のラオスのサイヤブリーに新しいダムが出来て、放水量を調整していることが枯渇の理由とみられている。

このダムは、建設計画が発表された際、環境への影響を懸念し下流域に住む人から反発の声が上がった問題のダムだった。
(タイ通 2019年7月19日 14時05分)

20180223
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

メコン川など氾濫、タイの9県で11万人被災

タイ各地で雨期の大雨による被害が続いている。

6日朝の時点で、東北部のメコン川、東部のプラジンブリ川、中部のペチャブリ川が一部地区で氾濫し、東北部ブンカン、ナコンパノム、ノンカイ、東部プラジンブリ、中部ペチャブリなど9県で洪水が発生、約3万7000世帯、約11万人が被災している。
(newsclip.be 2018年9月6日 12時09分)

20171026
■海外のホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?

メコン川が増水 氾濫で被害さらに拡大へ

タイの北側と東側のタイ・ラオス国境の大部分をなしているメコン川が長引く雨のために増水し続けており、メコン川に面しているタイの北部と東北部の県では氾濫によって被害がさらに拡大する恐れがあるという。

とりわけ北部チェンライ県ではメコン川の氾濫ですでに民家や政府機関の建物が浸水しているが、水かさがさらに増える見通しだ。

また、東北部ではウボンラチャタニ県とムクダハン県などで洪水被害の拡大が懸念されている。
(バンコク週報 2018年7月31日)

2013_07110129          (photo by 絵夢座)

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。