「不良外国人」一斉取り締まり BTSナナ駅など

タイのテレビ報道によると、タイ警察は4日夜から5日未明にかけ、バンコクの高架鉄道BTSナナ駅周辺など国内の221カ所で「不良外国人」の一斉取り締まりを実施し、473人を逮捕した。逮捕者のうち285人は密入国、19人は不法滞在だった。
(newsclip.be 2019年4月5日 19時11分)

2015_07130092
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

広告

入管職員が外国人の不法滞在をほう助、停職処分に

警察庁入国管理局は1月9日、出国しなければならない外国人に不正な手段で便宜を図っていた同局職員を停職処分にしたと明らかにした。

通常外国人がタイに居続けるには滞在許可が切れる前に出国し、再び入国する必要があるが、この職員は1人当たり5000バーツを受け取り、出国しなければならない外国人の旅券に実際には出入国していないのに出国と入国のスタンプを押していた。

同局ではこの不正に加担した者がほかにもいる可能性があることから捜査を継続している。
(バンコク週報 2019年1月10日)

20171116
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の8つの海外ホテル予約サイトを比較!

バンコクで外国人23人を不法滞在容疑で逮捕 難民申請のため訪タイ

警察当局によれば、12月3日、バンコク都バンカピ区のホテルに泊まっていた外国人23人を不法滞在容疑で逮捕した。逮捕者の内訳は、パレスチナ人20人、ソマリア人2人、イラク人1人。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)に支援を申請すべくタイに来たもので、申請への返答が出るまでの間、タイ人がホテル5室を借り、23人が宿泊していたという。これら外国人は収容施設に送られる予定。
(バンコク週報 2018年12月4日)

20171117
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?お薦めの8つの海外ホテル予約サイトを比較!

タイ入国管理局が宣言 「不法滞在の外国人は1人もいなくなった」

警察庁入国管理局のスラチェート局長代行はこのほど、「当局が法律に違反している外国人検挙に力を入れ続けたことから、不法滞在の外国人はタイに1人もいなくなった」と宣言した。

当局による外国人逮捕は近年頻繁に報じられているが、関係筋は、「オーバーステイの外国人などが少なくなったのは事実だろうが、さすがに『1人もいなくなった』とは考えられない」との見方を示す。

なお、法律に違反している外国人を一掃するというキャンペーンのもとで警察はこれまでに国内5071カ所を手入れし、外国人3501人を逮捕している。
(バンコク週報 2018年11月5日)

2014_04060234
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?お薦めの8つの海外ホテル予約サイトを比較!

2018年10月末までに不法滞在の外国人7,000人を追放へ、タイ入国管理局長が表明

各報道によると、タイ入国管理局スラチェット・ ハクパーン局長は2018年10月19日の記者会見で、2018年10月末までにタイにいる不法滞在の外国人7,000人を追放すると表明しました。

スラチェット・ ハクパーン局長は、ならず者外国人追放作戦「X-RAY OUTLAW FOREIGNER」で実績を上げ、この10月1日より、タイ入国管理局長に就任しています。

同日に行われた23回目の「X-RAY OUTLAW FOREIGNER」では、タイ各地の語学学校や市場など265ヵ所を捜索。オーバーステイや外国人事業法違反などで、日本人1人を含む約700人が逮捕されました。なお「X-RAY OUTLAW FOREIGNER」ではこれまでに5,071ヵ所を捜索し、3,501人の外国人が逮捕されています。

タイにはさらに約7,000人の外国人が不法滞在していると見られており、10月末までに約7,000人が逮捕される見込みとのこと。
(タイランドニュース 2018年10月21日)

2014_04080180
■海外のホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?