生体認証システムでインド人と中国人逮捕、偽入国スタンプに偽ビザ

2019年7月1日により正式にタイの出入国管理で生体認証が導入されてから、不法滞在の外国人が続々と逮捕されています。

タイ入国管理局は2019年11月8日、生体認証システムで不法行為が発覚した、中国人2人とインド人2人らを逮捕したと発表しました。

中国人2人が逮捕されたのが2019年10月8日。キャセイ・パシフィック航空からタイ入国管理局に、偽造カナダビザでバンコクからカナダへ渡航しようとしている中国人2人がいるとの報告があり、警察が出動。中国人2人はパスポートを置いて逃走しましたが、防犯カメラの映像などからタクシー利用と逃走先が明らかになり、バンコクのランナム通りにあるザ ビクトリー レジデンス ホテルで逮捕となりました。

なお中国人2人は、カナダで不法就労する目的でタイに入国。WeChatを通じて1万バーツで偽造カナダビザを購入し、カナダへ向かうところでした。

インド人2人が逮捕されたのが2019年10月24日。出国時に2人のパスポートをスキャンした時に、タイに入国した記録がないことが明らかになりました。2人のパスポートにはタイ深南部のスンガイコロクから入国したスタンプがありましたが、調べた結果偽造されたものでした。

インド人2人は夫婦で、マレーシアのホテルで2年間不法就労。インドにいる子供の具合が悪いとの知らせを受けて、タイ経由でインドに戻るところでした。マレーシアの出国スタンプも偽造だったとのことです。

さらにタイ入国管理局は、台湾と南アフリカの偽造バスポート所持者も逮捕しています。
(タイランドニュース 2019年11月10日)

20171116
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

7~9月の日本人犯罪被害届け出58件 在タイ日本大使館

在タイ日本大使館によると、7~9月に同大使館に届け出があった日本人の犯罪被害は58件で、4~6月から1件減少した。

日本人が被害にあった事例としては、
▼地下鉄スクムビット駅付近で複数の人に囲まれて現金やキャッシュカードなどを盗まれた
▼バンコクで野犬にかまれた
▼バンコクで抱きつきすりにあった―などが報告されている。
また、不法滞在、違法薬物所持、昆虫の密輸で日本人が逮捕された。
(newsclip.be 2019年10月6日 22時18分)

20171227
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

「不良外国人」一斉取り締まり BTSナナ駅など

タイのテレビ報道によると、タイ警察は4日夜から5日未明にかけ、バンコクの高架鉄道BTSナナ駅周辺など国内の221カ所で「不良外国人」の一斉取り締まりを実施し、473人を逮捕した。逮捕者のうち285人は密入国、19人は不法滞在だった。
(newsclip.be 2019年4月5日 19時11分)

2015_07130092
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

入管職員が外国人の不法滞在をほう助、停職処分に

警察庁入国管理局は1月9日、出国しなければならない外国人に不正な手段で便宜を図っていた同局職員を停職処分にしたと明らかにした。

通常外国人がタイに居続けるには滞在許可が切れる前に出国し、再び入国する必要があるが、この職員は1人当たり5000バーツを受け取り、出国しなければならない外国人の旅券に実際には出入国していないのに出国と入国のスタンプを押していた。

同局ではこの不正に加担した者がほかにもいる可能性があることから捜査を継続している。
(バンコク週報 2019年1月10日)

20171116
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の8つの海外ホテル予約サイトを比較!

バンコクで外国人23人を不法滞在容疑で逮捕 難民申請のため訪タイ

警察当局によれば、12月3日、バンコク都バンカピ区のホテルに泊まっていた外国人23人を不法滞在容疑で逮捕した。逮捕者の内訳は、パレスチナ人20人、ソマリア人2人、イラク人1人。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)に支援を申請すべくタイに来たもので、申請への返答が出るまでの間、タイ人がホテル5室を借り、23人が宿泊していたという。これら外国人は収容施設に送られる予定。
(バンコク週報 2018年12月4日)

20171117
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?お薦めの8つの海外ホテル予約サイトを比較!