タイの高速鉄道計画、中国から借り入れか

バンコクとタイ東北部の中心都市ナコンラチャシマを結ぶ高速鉄道事業の資金調達について、タイ軍事政権はタイ国内の金融機関からの借り入れのみを認めた2017年の閣議決定を変更し、国外からの借り入れを認める。8日の閣議で承認した。

借り入れの限度額は1663億バーツ。事業のパートナーである中国から資金調達を図るもようだ。

タイ軍政は中国政府と協力し、バンコクとラオス国境のタイ東北部ノンカイ市を結ぶ高速鉄道の建設に乗り出している。計画の第1段階であるバンコク~ナコンラチャシマは総延長252キロ、全6駅、最高時速250キロで、両都市間を1時間半で結ぶ。投資額は1794億バーツで、タイ側が全額負担する。2021年開業を目指し、2017年に着工したが、工事は大幅に遅れ、開業のめどは立っていない。

タイ軍政は中国政府が掲げるラオス経由で中国とタイを結ぶ高速鉄道網構想に応じ、高速鉄道の建設に乗り出した。しかし、中国の技術を採用する見返りに、中国側に事業への出資や低利融資を求めたが、拒否され、国内での資金調達を余儀なくされた。今回、国外からの借り入れを認めた背景には、国内金融機関が事業の先行きを不安視して融資に難色を示し、中国の融資に頼らざるを得なくなった可能性がある。
(newsclip.be 2019年1月9日 12時50分)

20171108
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の8つの海外ホテル予約サイトを比較!

中国のタイ不動産投資が好調 中国企業も続々と進出

圧倒的な中国人観光客でタイは潤っており、また中国関連の企業も次々に進出している。

その多くが、住居や会社でラマ9世やラチャダー周辺に集まっており、そのため、ディベロッパーは周辺でのコンドミニアム計画等を加速している。

スクムビット界隈に比べて手頃な価格のため、需要の多い周辺地区だが、不動産事業を手掛ける日本の、東証一部上場のフージャースホールディングと提携するオール・インスパイヤ・ディベロップメント社は、The Excelのラチャダー18をこの7月にプリセールで販売し、価格は179万バーツ~で、およそ90%の予約が入り、タイ人50%、外国人40%の予約で、そのうち中華系の台湾、香港、シンガポール、中国人で20%を占めるという。

特徴は、以前は賃貸していた中華系の人が、コンドミニアムを購入するようになり、最近は特に、タイに来る中国人のマネージャークラスやスタッフクラスのビジネスマンも購入するようになっているという。

中国系企業のOPPOやフアウェイなども同地区に集まっており、ますます、新都心として、中国人の活気が熱をおびるものと思われる。
(DIGIMA NEWS 2018年8月29日)

2015_0714n004
■海外のホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?

高速鉄道の入札は年内に開始へ

運輸省によれば、タイ・中国高速鉄道プロジェクトの第1期工事については2国間交渉がまだ終わっていないものの、全区間の建設業者を選ぶ入札が年内に開始される予定だ。

同プロジェクトでは、1790億バーツを投じてバンコクと東北部ナコンラチャシマ県を結ぶ252.5キロの高速鉄道が建設されるが、このルートは14の区間に分割されている。

なお、タイ国有鉄道(SRT)のウォラユット副総裁は8月15日、タイと中国の担当者が8月初めに北京でプロジェクトの詳細について協議したことを明らかにした。
(バンコク週報 2018年8月16日)

figure

※なにかと問題の多い高速鉄道…

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

タイ投資、中国が日本猛追 1~3月期、前年比1500%増

タイ投資委員会(BOI)のチョクディ副長官は28日までにインタビューに応じ、同国への直接投資で中国が急速に存在感を高めているとの認識を示した。

副長官は、今後5年は日本がタイへの最大の投資国にとどまる見込みだが、中国からの投資が急速に伸びており、タイへの外国直接投資(FDI)における日本のシェアは現在の30%から低下しそうだと述べた。

タイは1兆5000億バーツ(約5兆円)規模の新経済特区「東部経済回廊(EEC)」への中国からの投資呼び込みを図っている。

中国からのFDI申請でBOIが承認した1~3月期の総額は前年同期比でほぼ1500%増の140億バーツとなった。EEC構想の下で、タイはバンコク東部のタイ湾に面した3県で、都市化や先端産業誘致、インフラ整備などの開発を進める。

チョクディ副長官は「今年はFDI申請を13%増やし7200億バーツにしたい。自動車とエレクトロニクス、鉄鋼業界の多くの企業と話し合っており、目標が達成できると期待している」と語った。
(SankeiBiz 2018年6月29日 05時00分)

※中国経済が減速しているとは思えないような話…

2015_02090030

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

「こんな人は初めて!」=中国人観光客がまたタイで非常識行為―中国メディア

2018年6月28日、中国僑網は、大勢の観光客が訪れる東南アジアのタイでまた、中国人の非常識行為が目撃されたことを報じた。

記事によると、この情報を投稿したのは現地のネットユーザーで、リゾート地クラビにあるカニのオブジェに2人の中国人観光客が上って写真を撮ったそうだ。ネット上にはこの行為に対する批判が大量に寄せられ、当局による調査も進んでいるという。

記事は「像の前で多くの観光客が記念撮影を楽しむが、その上に立つような人はこれまでいなかった」と説明し、「問題の行為があった際、注意する人がいたが、2人は気に留めなかった」とも伝えている。
(Record China 2018年6月29日 07時10分)

※2018年6月28日配信、タイランドニュース関連記事

2015_02090149p

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。