タイでワクチン接種3,021人中の5人が副作用を報告

タイには2月24日に中国から、シノバク・バイオテク(Sinovac Biotech Ltd.)製の新型コロナウイルスワクチン20万回分が到着。2月28日にはアヌティン・チャーンウィーラクーン副首相兼保健相が第1号となり、ワクチン接種が開始されました。

タイ保健省疾病管理局のオーパース・カーンカヴィンポン局長は3月2日、2日間で3,021 人がワクチン接種し、そのうちの5人に副作用が確認されたと発表しました。全員が重篤なものではありませんでした。

副作用が確認された5人のうち4人がサムットサコン、1人がサムイ島の人。4人は初回の接種後に注射部位の周囲に痛みと腫れがあり、1人は医療関係者で接種後に吐き気と嘔吐がありました。

局長によると、116,520回分のワクチンが13県に配布され、2,781人の医療従事者や保健ボランティア、133人の役人、21人の健康問題を抱える人、86人の地元の人、合わせて3,021人が接種されました。

(タイランドニュース 2021年3月3日)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

タイ入国後の隔離検疫中にゴルフへ!日本などアジア4カ国からの旅行者に新提案

タイ観光・スポーツ省は外国人旅行者を呼び込むため、タイ入国後の隔離検疫中に、ゴルフ場に出てゴルフをプレイできるという新たなシステムを考え出しました。

「ゴルフ検疫」の対象は日本、韓国、中国、台湾からの旅行者で、11月11日(水)に、Covid-19状況管理センター(CCSA)へ提案する予定です。さらに現在14日間の隔離検疫期間を、10日間に短縮する提案も行われるとのこと。

なおナコンラチャシマー県の「ランチョー チャンウィー リゾート & カントリークラブ」を初め、チェンマイ、ランプーン、サラブリ、カンチャナブリの計5つのゴルフコースが、既に隔離検疫用の宿泊施設として登録。さらにタイ観光・スポーツ省は、全国の30以上のゴルフコース、約5,000の客室を追加することを目指しています。

タイはこの先は乾季の旅行ハイシーズンに突入。天気が良く、気温が高くなりすぎないゴルフ日和の毎日となります。
(タイランドニュース 2020年11月9日)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

タイは中国と「トラベルバブル」を交渉、日本や台湾などに扉を開くきっかけに

ブルームバーグによるとタイ政府は中国政府に対し、2021年1月までに新型コロナウイルスのリスクの低い国同士で自由に旅行を出来るようにする「トラベルバブル」を開始することを求めています。

ピパット・ラチャキットプラカーン観光・スポーツ省大臣によると「トラベルバブル」の合意は、間もなく開始される特別観光ビザの外国人旅行者の受け入れ成功を条件にしています。

タイを訪れる外国人旅行者の4分の1を占める中国との合意は、日本、韓国、シンガポール、台湾などとの「トラベルバブル」開始のきっかけになる可能性があると、大臣が語ったと伝えられています。

なお、間もなくタイは乾季入り。良い天気と比較的過ごしやすい温度が続く、旅行には最高のシーズンになります。
(タイランドニュース 2020年10月19日)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

タイ保健省、韓国・中国・香港・マカオを新型コロナ感染危険国リストから削除

タイ保健省は2020年5月15日、韓国・中国・香港・マカオを新型コロナウイルス感染危険国リストから削除すると発表しました。リストからの削除は、5月16日以降有効になります。

タイ保健省は3月5日に、日本、ドイツ、韓国、中国、台湾、フランス、シンガポール、イタリア、イラン、香港、マカオを感染危険国に指定。各国からのタイ入国に制限を設けていました。

なお韓国・中国・香港・マカオが危険国リストから外されてもすぐにタイ入国が可能にはならず、5月31日までは全ての国際線はタイへの到着が禁じられています。
(タイランドニュース 2020年5月16日)

2015_02120051
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

タイ航空機搭乗には医師による新型コロナ非感染証明書が必要

タイ国際航空(THAI)は、新型コロナウイルスの感染拡大対策の一環として、中国・香港・マカオ・イタリア・韓国からタイに向かうTHAIのフライトにおいて、空港で搭乗券(ボーディングパス)を受け取る際に乗客は新型コロナに感染していないことを証明する医師による証明書(指定フォームあり。有効期間は搭乗時から48時間以内)を提示する必要があるとホームページ上で発表した。

スメートTHAI社長によれば、証明書はタイ民間航空機構(CAAT)ではタイ国内のすべての航空会社に対して求めているという。

なお、これらの国からの搭乗者はタイ入国時に宿泊場所と健康状態を詳細に報告するフォームであるT.8の提出も義務付けられる。
(バンコク週報 2020年3月11日)

2015_02100045
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!