タイの煙草が値上げへ、2019年10月より最低93バーツに

先日2019年よりタイで販売さえるタバコの価格が値上げするとお伝えしましたが、2019年2月4日の報道によると、タバコの値上げは2019年10月からになるようです。

タイメディア・デイリーニュースによると、タバコ産業公社(Thailand Tobacco Monopoly)が製造販売するすべてのタバコは、現在格安のタバコで60バーツほどで購入できますが、2019年10月から少なくとも93バーツになります。現在90バーツほどのタバコも値上げの可能性があるとのこと。

タイでは喫煙ルールが厳しくなっており、スワンナプーム・ドンムアンなどの主要空港では、2019年2月3日より全面禁煙になりました。今後タバコが値上げになるということで、そろそろ真剣に禁煙を考え始める時期かも?
(タイランドニュース 2019年2月4日)

2014_10230124s
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

バンコクの路線バス運賃、2019年1月21日より値上げ

バンコク首都圏の路線バスの運賃は、エアコン付きバスは現在11バーツから21バーツですが、12バーツから24バーツに値上げとなります。エアコンなしバスは現在6.5バーツですが、7.5バーツに値上げになります。

今回のバス運賃値上げは、2018年12月14日の中央陸上輸送管理委員会の決議により合意されました。
(タイランドニュース 2019年1月11日)

2017_06116494          (photo by 絵夢座)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の8つの海外ホテル予約サイトを比較!

ANAとJALが燃油サーチャージを値上げ、日本=タイは8,500円に

ANAとJALは、国際線旅客「燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)」を値上げ。2019年2月1日(金)以降の航空券発券分から適用となります。

「燃油特別付加運賃」は、燃油価格の変動に応じて2カ月ごとに見直し。シンガポールケロシン市況価格を指標として用い、申請時点における直近2カ月の同市況価格の平均に日本発旅程の場合には同期間の平均為替レートを乗じて運賃額を決定しています。

なお日本=タイ間の「燃油特別付加運賃」は、これまでの6,500円から8,500円になります。

ANA
・日本=北米(ハワイ除く)・欧州・中東・オセアニア/17,500円
・日本=ハワイ・インド・インドネシア/11,000円
・日本=タイ・シンガポール・マレーシア・ミャンマー・カンボジア/8,500円
・日本=ベトナム・フィリピン・グアム・サイパン/5,000円
・日本=東アジア(韓国を除く)/4,500円
・日本=韓国/1,500円

JAL
・日本-北米・欧州・中東・オセアニア/17,500円
・日本=インドネシア・インド・スリランカ・ハワイ/11,000円
・日本=タイ・シンガポール・マレーシア・ロシア(イルクーツク)/8,500円
・日本=グアム・フィリピン・パラオ・ベトナム・ロシア(ノヴォシビルスク)/ 5,000円
・日本=東アジア(除く韓国)/ 4,500円
・日本=韓国・極東ロシア/1,500円
(タイランドニュース 2018年12月22日)

2014_10200026s
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の8つの海外ホテル予約サイトを比較!

タイで煙草が値上げへ、一箱(20本入り)の最低価格が80バーツに

2018年12月17日のタイ官報によると、2019年より煙草の販売価格が値上げとなり、一箱(20本入り)が最低80バーツからとなります。

またタイの喫煙ルールが厳しく、屋内での喫煙は不可。さらに2月からは、公共の場所の入り口から半径5メートル以内は禁煙となる新ルールも施行されます。

タイはますます、喫煙者に厳しい国となるようです。
(タイランドニュース 2018年12月18日)

20171115
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の8つの海外ホテル予約サイトを比較!

1月21日から一部バスの運賃値上げ 運輸省が許可

関係筋によれば、タイ運輸省の委員会はこのほど、バンコクで路線バスサービスを提供しているバンコク大量運輸公社(BMTA)およびBMTAと契約を結んでいる民間業者に対し、防犯カメラ、GPS、eチケットシステムを装備したバスに限り来年1月21日から運賃を引き上げることを許可したという。

このほか、長距離バスサービスに関しても運賃の値上げが認められたとのことだ。
(バンコク週報 2018年12月17日)

2012_11090024
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の8つの海外ホテル予約サイトを比較!