入管職員が外国人の不法滞在をほう助、停職処分に

警察庁入国管理局は1月9日、出国しなければならない外国人に不正な手段で便宜を図っていた同局職員を停職処分にしたと明らかにした。

通常外国人がタイに居続けるには滞在許可が切れる前に出国し、再び入国する必要があるが、この職員は1人当たり5000バーツを受け取り、出国しなければならない外国人の旅券に実際には出入国していないのに出国と入国のスタンプを押していた。

同局ではこの不正に加担した者がほかにもいる可能性があることから捜査を継続している。
(バンコク週報 2019年1月10日)

20171116
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の8つの海外ホテル予約サイトを比較!

空港で外国人に暴力を振るおうとした警備員が停職処分

ドンムアン空港で中国人男性に暴力を振るおうとした警備員が事実関係解明の調査などのため30日間の停職処分となった。

中国人男性は9月27日、入国審査で帰りの航空券、タイでの滞在先、滞在に必要な所持金を提示できず入国を拒否され、別室に連れて行かれたが、指示に従わずに空港の警備員と口論になったものという。言い合いをしているうちに激怒した警備員が男性の顔面を殴ろうとしたが、同僚の警備員に制止されたという。別の中国人がその様子を撮影し、その動画がネット上に投稿されて多くの人が知ることになり、警備員に批判が集中。

空港当局は29日、今回の出来事を遺憾に思うと発表するとともに中国人男性に謝罪した。調査の結果、警備員に非があったとなれば警備員は解雇される見通しという。
(バンコク週報 2018年10月1日)

2016_09200011       (photo by 絵夢座)

■海外のホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?

 

タイ警察高官に停職処分、部下192人から約8億円詐取か

タイのテレビ報道によると、タイ警察は17日、詐欺の疑いで捜査を受けているスティップ警察人事局副局長(警察少将)を停職処分とした。

スティップ少将は東北部ルーイ県の県警本部長だった当時、借金を抱える部下に対し、ルーイ県警協同組合から金を借りて自分に預ければ、高利で運用し、借金を返済した上、投資益が出るなどと持ちかけた。これを信じた警官192人が少将に金を預けたが、約束された運用益の還元は行われなかったという。被害額は計2億2900万バーツ(約7.7億円)に上る。

この問題は今年1月に表面化した。警察は6月に捜査委員会を設置したが、その後、捜査の進展に関する報道はない。
(newsclip.be 2018年8月21日 11時10分)

20180617
個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

タクシン元首相らを警護か 現職警官が停職処分

外国でタクシン元首相と実妹のインラック前首相という犯罪者2人のボディーガードを務めた疑いから現職警察官が停職処分となった。

このうちのひとり、ワタンユ警察大佐は、息子の留学手続きのため英国に行くとして6月25日から7月13日まで休暇をとっていたが、ロンドンでインラック前首相とみられる女性と一緒にいるところが目撃されたほか、サッカーワールドカップのクロアチア対イングランド戦では試合会場でタクシン元首相とインラック前首相と一緒にいるところが目撃されている。

同警察大佐は、インラック首相(当時)の身辺警護を担当しており、タクシン元首相の信頼もあついという。

警察機構を管轄するプラウィット副首相兼国防相(治安担当)によれば、同警察大佐から事情を聴取するとともに、その行為について検討を行う委員会が設置される予定だ。
(バンコク週報 2018年7月17日)

20180625
個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。